メンズバック&アクセサリー

07.07.04 UPDATE

プレシャスセルロイドがつくりだす、
閑寂の世界

1912年、イタリアのベネト州バッサーノ・デル・グラッパで創業したモンテグラッパ。本社のミュージアムに保存されている1930年代のヒストリックモデルから、インスピレーションを受けてデザインされたのが「エキストラ1930」である。現在ではほとんど使われなくなった光沢のあるプレシャスセルロイドを使い、タートルブラウン、マーブルグリーンの趣のあるボディで人気を博してきた。今回は新色のバンブーブラックの登場である。
このシリーズはもともと落ち着いた色が特徴なのだが、この新色はとくに閑寂の世界である。まるで月明かりに照らされた竹林のように、笹の葉が浮かび上がってくるようなじつに深みのあるボディで、ブラックベースとはいえ巷にあるブラック単色のボディとはまったく異なっている。これまでモンテグラッパといえば、「ミヤ」や「ミクラ」の色鮮やかなイメージがあっただけに、このバンブーブラックはとても新鮮だ。キャップのシルバーリングには幾何学模様が刻印され、冠には創業年の1912の数字が刻まれている。
また、このシリーズの素晴らしさは書き心地に影響を与えるペン先の大きさである。通常のペン先よりひとまわり大きいサイズになっている。ボディやキャップの意匠だけでなく、書きやすさという筆記具としての基本的な機能性もしっかり追及しているのはさすが。けっして派手な筆記具ではないが、目の肥えた愛好家にはキラリと輝く1本である。

文:倉野 路凡 写真:綿屋 修一

Montegrappa(モンテグラッパ)

アイテム:万年筆
モデル名:エキストラ1930
胴軸&キャップ素材:プレシャスセルロイド、スターリングシルバー
クリップ素材:スターリングシルバー
ペン先素材:18K、エボナイト製のペン芯
インク吸入方式:吸入式
ペン先サイズ:EF、F、M、B
カラー:バンブーブラック
製造国:イタリア
発売年月:2007年5月1日
価格:128,100円

お問い合わせ:

モンブラン GBU ジャパン モンテグラッパ
TEL.03-3288-3800