メンズバック&アクセサリー

07.08.01 UPDATE

熟練職人の手仕事によるオーセンティックな木枠のアタッシェ

 個人ごとにフィットする寸法も形状も異なる衣料や靴では、そのオーダーメイドの存在理由も容易に理解できようが、基本的にフィッティングとは無関係の鞄でオーダーメイドとは、これはもう、なんとも贅沢なのである。
  優れた品質の極上靴で人気の三陽山長は、鞄などの各種高級レザーアイテムも展開しているが、実は今年4月より、アタッシェケースのパターンオーダーを再スタートさせている。これはオーダーサンプルをベースに、好みの外装カラーやハンドルのカラー、縫製糸のカラーなどが選択すると、数カ月後に手縫いによる"マイ・オンリー・アタッシェ"が出来上がるというオーダーシステムである。
  製作を担うのは鞄の老舗メーカー、大峽製鞄(おおばせいほう)だ。同社は1935(昭和10)年、東京・千住で創業。ランドセルメーカーの草分け的存在であり、皇室に薬箱を献上し、各種コンクールや文部大臣賞、通産大臣賞などの受賞実績ももつ、日本を代表する鞄と革小物の名門である。厳選した素材のみからなり、熟練した技術をもつ職人の手仕事であつらわれた同社の製品は近年、改めて注目を集めているとろこなのだが、三陽山長のパターンオーダーのアタッシェケースでは、その大峽製鞄のなかでも"箱物"に手慣れたベテラン職人が数カ月を費やして製作するのだという。
  本胴のフレームは昨今主流の樹脂製ではなく、オーセンティックな木枠とし、ハンドルも樹脂や金属の芯材は使わず、厚口の革を何層も積み上げ、そこに鶏冠(とさか)状に中板を当てて作るという、大変手間を要するトラディショナルなタイプ(堅牢だが、使うほどに手によく馴染む)を採用。しかも、革の切り目に施されたコバ磨きは誠に美しい。
  発色鮮やかな外装のエンボスレザーはデュプイの「チェルケス」で、そこに手縫いによる赤糸が施され、お洒落感が高めてある。また、メタルパーツにはトラディショナルで味わいある真鍮製が使われ、コンパートメントはホースヌバックで品よく内装されている。
  そのサンプルを手に取ってみれば、革で覆われたフレームから発されるのであろう、ほのかな木の香りが漂い、これがまた大変好もしい。すでに、こうした職人の手技による上質で伝統的なアタッシェケースは極めて稀なものとなっただけに、パターンオーダーによる1点モノ的価値と相まって、オーナーは所有することの歓びと満足感に浸ることができるに違いない。

文:倉野 路凡 写真:綿屋 修一

SANYO YAMACHO(三陽山長)

■パターンオーダーの概要
受付け店: 三陽山長 銀座店、および三陽山長 二子玉川店
仮縫い: なし
デザイン: アタッシェケースのみ
サイズ: L/44.5×H34.5×D12cm、S/W36.5×H28.5×D6.5cmの2サイズから選択可
外装素材: 仏デュプイ社製エンボスカーフ「チェルケス」
外装カラー: 全5色から選択可(カラーコンビネーション可。縫製糸のカラーも選択可)
内装素材: ホースヌバック(一部ナイロン)
ハンドルカラー: 全5色から選択可
金具素材: 真鍮(イタリア製)
内枠素材: 合板木製
製作期間: 3カ月〜6カ月間
価格(工賃込): L/52万5000円〜(税込)、S/36万7500円〜(税込) ※いずれもオプション選択でアップチャージとなる

■写真のパターンオーダーサンプルの概要
アイテム: アタッシェケース
品番: 8BB01-401-09
製作者: 大峽製鞄
サイズ: W44.5×H34.5×D12cm
外装素材: 仏デュプイ社製エンボスカーフ「チェルケス」
外装カラー: ブラック×レッド(ダークブラウン×ブラウン、ネイビー×ダークブラウン、グリーン×ブラウンなども可)
ハンドルタイプ: ダレス手タイプ
内装素材: ホースヌバック(一部ナイロン)
金具素材: 真鍮(イタリア製)
錠前タイプ: 横引き錠
内枠素材: 合板木製
収納部: メインコンパートメント1室(ブリーフホルダー1室、マチ付きオープンポケット1室、ジップポケット1室、カードホルダー1室、ペン挿し3室内蔵)
その他: 底鋲付き
製作期間: 3カ月〜6カ月間
価格(工賃込): 52万5000円〜(税込)

お問い合わせ:

三陽山長 銀座店 TEL.03-3563-7841
三陽山長 二子玉川店 TEL.03-5491-2347
三陽山長の詳しい情報はコチラ