メンズバック&アクセサリー

07.09.05 UPDATE

携帯性に優れる復刻版「Kaweco Sports」(スポーツ クラシック)

 Kaweco(カヴェコ)はオットー・コッホとルドルフ・ウェーバーの2人の商人によって、1892年にドイツで創業した筆記具メーカーだ。1925年に2人の名前を合わせたKawecoの社名を変更している。
  長年にわたりカヴェコは、ドイツでもっとも古い筆記具メーカーだったのだが、1960年代に経営不振に陥り1970年代にその幕を閉じている。1994年にドイツのニュールンベルグに本社を置くGutberlet(ゲットベルト)社に売却され、翌'95年に復刻版「Kaweco Sports」(スポーツ クラシック)が発売されている。
  復刻版のオリジナル「Kaweco Sports」は1930年代に販売された携帯型の筆記具である。当初はピストン式とボタンフィラー式の吸入方式があったようで、八角形の個性的なデザインが魅力だった。その後改良が加えられて1960年代には一世を風靡している。
  今回の復刻版はペンシルがボールペンに変更され、万年筆は便利なカートリッジ式になっているが、多面ボディ(万年筆は多面キャップ)や筆記体のロゴ、エンブレム、革ケース、取り付けられたメダルは当時の面影を上手く再現している。
  話は逸れるが、イギリスの老舗メーカー、コンウェイ・スチュアートが1924年に製作した「ディンキーペン」もやはりショートサイズの筆記具だった。国や時代が違うとはいえ、昔から携帯性に優れたモデルは重宝されていたのだろう。
  さて、復刻版「Kaweco Sports」(スポーツ クラシック)だが、キャップを外して尻軸に差し込めばちょうどいい長さになり、とても書きやすいのだ。存在感を主張する大型の筆記具も魅力だが、実用性を考えれば小型モデルは役に立つ。革製ケースに収まる万年筆とボールペンのセットはとてもお洒落だし、男女関係なく使うことができる。

文:倉野 路凡 写真:綿屋 修一

Kaweco(カヴェコ)

アイテム:万年筆、ボールペン
モデル名:クラシック・スポーツ 万年筆・ボールペンセット
同軸&キャップ素材:樹脂
機能:万年筆 カートリッジ式、ボールペン ノック式
ペン先素材:ゴールドプレート
インク吸入方式:インクカートリッジ ペリカンTP6推奨
ボールペンの替芯 ペリカン#38推奨
ペン先サイズ:中字(M)
カラー:ブラック・スケルトン・ホワイト・ブルー
価格:6300円

お問い合わせ:

町山 TEL.03-3831-5888
http://machiyamapen.jp/