メンズバック&アクセサリー

07.11.28 UPDATE

ブリオーニのスーツにしっくりとくる、贅沢なペン

 ブリオーニは1945年にローマで創業した注文紳士服店で、ブリオーニ・ローマン・スタイル社のブランドである。ブリオーニの名を世界的に高めたのが1952年にフィレンツェで開催されたショー(現在のピッティ・イマジネ・ウオモ)で、当時主流だった英国サビル・ロウスタイルとは一線を画すものだったということだ。軽量で明るめの服地を使ったグラマラスなフォルムは、当時としては衝撃だったに違いない。現在でもその魅力は継承され、180を超える作業工程において、ハンドメイドとマシンメイドを適材適所に使い分け(実際には手縫いの工程数がかなり多い)、そのクオリティーと着心地は高級既製スーツのトップといわれている。同ブランドの代名詞にもなっている「マジックショルダー」と呼ばれる曲線を描く肩は、ジャケットの重量をうまく分散させて、負担を軽くするそうだ。
  そんな憧れのブランドから販売されているのが、意外と知られていないこちらのペンである。素材には水牛の角を使い、18Kおよびシルバーを用いたリングには、Brioniの刻印が施されている。一般的にはレジンなどの樹脂を使って似せたものが多いが、そこはブリオーニ、本物志向ということなのだろう。
  そういえば歴代ボンドのなかで最初にブリオーニに袖を通したのがピアース・ブロスナンだった。彼が主演した「ゴールデンアイ」(1995年)のなかで、英国の高級筆記具ブランドの有名なボールペンが出てくるが、ブリオーニのスーツを着る人が「あんなボールペンを選ぶのかな」という気がしていた。やはりもっと職人技を感じさせてくれるものでなくては・・・。今回紹介しているブリオーニ謹製のこのペンこそ、ブリオーニのスーツにしっくりとくる気がする。当たり前といえば当たり前だが。それにしても美しい贅沢なペンである。

文:倉野 路凡 写真:綿屋 修一

Brioni(ブリオーニ)

アイテム: ローラーボールペン、ボールペン
胴軸&キャップ素材: 水牛の角
クリップ、リング素材: シルバー、18Kイエローゴールド
製造国: イタリア
ローラーボールペン 価格26万円
ボールペン 価格26万円

お問い合わせ:

ブリオーニ銀座店
TEL.03-5524-2630