メンズバック&アクセサリー

07.12.04 UPDATE

イタリアの職人が仕立て上げた
フルハンドメイドの美しきブリーフケース

 ボルゴ・サン・ロレンツォはイタリア中部トスカーナ地方の、フィレンツェ近郊にある人口1万7000人強の小さな町だそうな。そしてイタリア国内で風光明媚な土地としてよく知られているこの町の名を冠するのが、ここで紹介しているブリーフケースのブランド、すなわち「ボルゴ サン ロレンツォ」なのだ。厳選した皮革素材を用いて、イタリア各地の工場を使い、高品位の紳士鞄を生産している新参であり、その製品は、日本では東京・銀座の高級セレクトショップ「カルタゴ」でのみ入手可能という希少性の高いバッグブランドである。
  2007年10月に同店に入荷された、この写真のブリーフケースはレディメイドながら、革の選択から仕上げまでをひとりの職人が一貫して製作したフルハンドメイドの極上品。しかも、おそらくはこのダークブラウンとブラックの各1個のみが製作されたに過ぎない、大変希少なバッグなのである。もし、これ以上の需要があった場合は受注生産となるのだが、いずれにせよ、ほとんど“1点もの”に近い、価値ある逸品というわけなのだ。
  外装にはデリケートな風合いと味わいあるシボ感が魅力のチェルボを、また、内装にはチンギアーレのスエードを採用。前者は野生の鹿革で、後者はヨーロッパ産の猪豚の革なのだが、いずれもイタリアなどで古くから珍重されてきた希少な高級皮革だ。また、鏡面仕上げが美しいニッケル製のフラップ留め金具は「キュズーラ」と呼ばれる錠前内蔵の蝶番式タイプで、これもまた、ヨーロッパのハイブランドのみが採用する高価なメタルパーツである。
  さて、ここで胴やフラップのコバまわりに施されたハンドステッチをご覧いただきたい。太番手糸を使い、熟練した手技を持つイタリアの鞄職人がひと針ごとに丹精込めて縫製したもので、あえてホワイトステッチにして手縫いの味わいを強調。これがチェルボやキュズーラの美しくクラス感ある風合いと相まり、この鞄全体の存在感を際立たせているのだ。ちなみにこのブリーフケースはひとつマチのスリム・タイプだが、しっかり自立するのも嬉しいポイントであろう。
  日本にいて、イタリア職人による真性のフルハンドメイド鞄にお目にかかる機会はそう多くはない。それだけに、この鞄の存在は実に貴重なのだ。たしかに高価だが、それに見合うだけの価値は十分にあると思うのだが、いかがだろうか?

文:山田 純貴 写真:綿屋 修一

BORGO SAN LORENZO (ボルゴ サン ロレンツォ)

アイテム: フラップオーバーブリーフケース
品番: KYU/101
外装: チェルボ
内装: チンギアーレスエード
フラップ留め金具: ニッケル製、キュズーラ・タイプ(蝶番開閉式)、錠前内蔵
収納部: メインコンパートメント1室
サイズ: W40×H27×D5.5cm
カラー: ブラック、ダークブラウン
付属品: 専用キー、チェルボ製キーカバー(吊鐘タイプ)
備考: フルハンドメイド
価格: 25万2000円

お問い合わせ:

カルタゴ
TEL.03-3562-2323