アクセサリー

08.01.30 UPDATE

一粒のブラック・ダイアモンドから広がる、
新たなハイステージ

 エス・テー・デュポンは2007年に135周年を迎え、それを記念してエクスクルーシヴな「ブラック・ダイアモンド」コレクションを発表した。コレクションはライターをはじめ、筆記具やカフリンクス、USBメモリー、ベルトにまで及んでいる。今回紹介する筆記具は同ブランドの最高級ラインとして人気の高いオランピオをベースに、"ブラック・ダイアモンド"をあしらった「オランピオ万年筆」だ。ボディとキャップに配された黒色純正漆と、パラディウム・フィニッシュのコントラストが美しく、ボディのリング上に埋め込まれた一粒の黒いダイアモンドがラグジュアリー感を漂わせている。
  もともとエス・テー・デュポンは純正漆を貴金属に塗布する技術を伝統的に行っており、これらの異なった素材を掛け合わせることによって、ブランドのノウハウを際立たせているのである。同じ筆記具でもイタリアブランドに見られる装飾的な美しさとは質が異なり、エス・テー・デュポンのオランピオシリーズはエレガントでモダンなフォルムを追い求めてきた。このフォルムに高級感と繊細さを与えているのが純正漆仕上げなのである。まさに組み合わせの妙といえる筆記具なのだ。「オランピオ万年筆」はこれに加えてブラック・ダイアモンドをあしらうことで、より高いステージに立った。以前なら紳士用の筆記具でダイアモンドを飾ることは考えられなかったかもしれない。しかも人気の"ブラック・ダイアモンド"というところが憎いではないか。さらにその横にはエングレービングされた新しいロゴ"D"の文字が並び、ラグジュアリー感を倍増しているかのようである。
  このような洗練された筆記具というのは持ち主を選ぶのでは? そんな声も聞こえてきそうだが、現在なら普通のビジネスマンが使っていても違和感はないはず。むしろ若い世代にこそ愛用してもらい、この筆記具の輝きに負けないワンランク上のライフステージを目指してもらいたい。

文:倉野 路凡 写真:綿屋 修一

S.T.Dupont(エス・テー・デュポン)

アイテム: 万年筆
シリーズ名: ブラック・ダイアモンド
品番: 481719M
モデル名: オランピオXLサイズ万年筆
キャップ&胴軸: 黒色純正漆、パラディウム・フィニッシュ
ペン先: 18金プラチナ装飾
ペン先の太さ: F、M
インク吸入方式: カートリッジ/コンバーター両用式
ダイアモンド: ブリリアントカット、直径2mm、0.032カラット
製造国: フランス
発売年月: 2007年10月
価格:14万700円

お問合せ先:
エス・テー・デュポン ジャポン
TEL.03-3448-1391