アクセサリー

08.02.27 UPDATE

ブラックとシルバーで、美しいフォルムを創り出す

 1884年にローマのシスティーナ通りに店舗を構え、それ以降宝飾ブランドとしての地位を築いてきたブルガリ。1977年に発表された「ブルガリ・ブルガリ」は現在でも続くブルガリを代表するラインで、腕時計をはじめカフリンクスやキーホルダー、そして筆記具にもそのデザインが継承されている。今回紹介するボールペンは昨年秋から展開している「ブルガリ・ブルガリ」の新しいコレクションで、とても洗練されたエレガンスなデザインが特徴になっている。
 キャップの頂のディスクにはオニックス(ONYX)が配され、その周囲にダブル・エングレーブの「BVLGARI BVLGARI」のロゴがあしらわれている。真上から見ると、お馴染みのカフリンクスのようだ。ブラックのボディには植物性レジンであるコットンレジンが使われ、コンテンポラリーなフォルムのなかにも、温もり感を漂わせている。また、この新コレクションも引き続き、すべてのメタルパーツにシルバー925を採用している。近年のブルガリの筆記具はコットンレジン&スターリングシルバー925の組み合わせがメインのようだ。メタルパーツに関しては、おそらくステンレススティールにはない優しい雰囲気にこだわったのだろう。
 こうやって見ると、モノクロのモダンなデザインが得意なブランドのようだが、もともとはゴールドに色彩豊かな宝石を組み合わせるなど、斬新なジェエリーを手掛けてきたブランド。そのDNAは筆記具のなかにも生かされていて、これまでコットンレジンのホワイトやブルー、イエロー、レッドといったカラフルなボディの筆記具も展開してきた。このボールペンに限っては、あえて色彩を消すことで、フォルムと素材感の魅力を最大限に引き出すことに成功しているのである。
 また、細部にわたって配慮が行き届いていて、弾力性の高い柔軟なメタルクリップを採用している。つまりスーツの内ポケットに挿しても生地を傷めにくいということだ。このボールペンは、デザイン性、機能性において、現在のビジネスシーンにきわめて有効である。

 

文:倉野 路凡 写真:綿屋 修一

BVLGARI(ブルガリ)

アイテム:ボールポイントペン
シリーズ名:ブルガリ・ブルガリ
胴軸:コットンレジン(ブラック)
メタルパーツ:シルバー925
価格:4万2000円

お問合せ:
ブルガリ ジャパン
TEL.03-6362-0100