アクセサリー

08.03.06 UPDATE

スターリングシルバーの輝きに魅了される万年筆

 1846年創業のクロスはアメリカで最も長い歴史を誇る筆記具メーカーであり、日本でも多くの愛用者を獲得している。そしてクロスを代表する筆記具といえばボールペンが有名だが、全身をシルバーやゴールドの輝きで包んだ流線型のボディは、数ある筆記具の中でも極めて特徴的なデザインになっている。
 そのデザインを随所に活かしながら、アールデコ調の太軸を採用してさらに優美な仕上がりを見せているのが、最高級ラインのクロス タウンゼント コレクションだ。タウンゼントというネーミングは、優れた技術力と創造力で160年以上に及ぶクロスの礎を築いた創業者のアロンゾ・タウンゼント・クロスにちなんだもの。今も受け継がれる宝飾加工技術のクラフトマンシップに、現代の最新技術が融合した傑作だ。
 クロス タウンゼント コレクションはバリエーションも豊富に揃えられ、万年筆のほかに、ボールペンとセレクチップローラーボールが用意されている。いずれもキャップにはクロスのシンボルであるコニカルトップを冠し、クロスならではの美しいラインを見せている。18K金張りやスターリングシルバー、あるいはプラチナプレートなどのほか、ラッカー仕上げのボディを持つものもあり好みに合った素材を選ぶことができる。だが最もクロスらしさを感じるのは、やはりスターリングシルバーのラインではないだろうか。ボディ表面には精細で美しい装飾が施され高級感を高めているだけでなく、ペンを持つ手にしっかりとなじむ。
 万年筆はペン先にも装飾が施され、そこにもクロスの伝統が息づいている。もちろん装飾だけでなく、太字から細字まで滑らかな書き味を生み出しているのも、クロスの高い技術力があればこそだ。
 万年筆は書き味が命といっても過言ではないが、クロス タウンゼント コレクションはそこにデザインの美しさと素材の持ち味を生かした輝きといった、アクセサリーとしての要素も加味している。持つ喜びをいっそう高めてくれる万年筆といえる。使いやすさでも、さらにはステータスでも選べるのがクロス タウンゼント コレクションの魅力だろう。

 

文:有澤 隆 写真:綿屋 修一

CROSS(クロス)

アイテム:万年筆
シリーズ名:クロス タウンゼント キャップ・胴軸:スターリングシルバー
ペン先:18K金ロジウムプレート装飾
インク吸入方式:カートリッジ/コンバーター両用式
価格:5万2500円
※セレクチップローラーボール/ボールペンもあり

お問合せ:
クロス・オブ・ジャパン
TEL.03-5294-1781