アクセサリー

08.05.16 UPDATE

伝統のクラフトマンシップを堪能できる逸品

 カランダッシュは1924年にスイスのジュネーブで、「エクリドール鉛筆製造所」という鉛筆会社を買収して創業しました。カランダッシュはロシア語で鉛筆を意味する言葉であると同時に、19世紀のフランスで活躍していた風刺画家の雅号でもあります。
 カランダッシュを代表するエクリドールコレクションが誕生したのは1953年ですが、そのデザインは鉛筆というカランダッシュの原点にあることは、これ以上説明する必要がないでしょう。
 多くの種類があるエクリドールコレクションに共通しているのは六角形だけではありません。ボディに刻まれたパターンもそのひとつです。シリーズによって異なるパターンには、熟練の職人による技術が生かされています。クラフトマンシップを守り続けるカランダッシュの伝統が受け継がれていると言っていいでしょう。
 タイプ55の幾何学的パターンは、当時一世を風靡した1967年型マスタングのサイドエアインテークパネルをモチーフにしたものです。また、タイプ55というネーミングは、見る角度によってパターンが5に見えることに由来しています。タイプ5ではなく、タイプ55になっているのも不思議といえば不思議ですが、クラフトマンシップが伝統のカランダッシュが、近代的な工場生産によって量産された大衆車のデザインをモチーフにしたのも興味深いところです。そのような「謎」も、タイプ55の魅力かもしれません。  従来のエクリドールよりもパターンの彫刻が深く仕上げられ、六角形のボディを美しく個性的に引き立てているだけでなく、その握りやすさにも驚かされます。キャップをはめたとき、ボディとの間にはわずかな隙間も生じないだけでなく、パターンの間隔にも誤差を生じません。さすがカランダッシュと、その技術にも大満足です。
 そしてなにより、その適度な軟らかさを持ったペン先から生まれる滑らかな書き味は、カランダッシュを持つ人を魅了してやみません。

文:有澤 隆 写真:綿屋 修一

CARANd’ACHE(カランダッシュ)

CARANd’ACHE(カランダッシュ)
アイテム:万年筆
シリーズ名:エクリドール
モデル名:タイプ55
同軸素材:シルバー&ロジウムプレート
ペン先:スチールペン先
インク吸入方式:コンバーター/カートリッジ両用式
製造国:スイス
価格:4万7250円

お問合せ:
カラン ダッシュ ジャパン
TEL.03-3568-3777