アクセサリー

08.01.09 UPDATE

男女を問わず愛される復刻モデル

 ペリカンを代表するシリーズといえば「スーベーレーン」である。1997年にドイツの万年筆専門誌による世界の万年筆人気投票で、スーベーレーンM800緑縞がペン・オブ・ザ・イヤーに輝いている。このシリーズは現在5種類のサイズ展開があるが、どのサイズの万年筆もピストン吸入式である。そんなところもペリカンらしいこだわりといえるだろう。現在でこそ、華やかな世界限定モデルを販売し、幅広い層に受け入れられているが、日本では執筆活動をする作家やヘビーユーザーたちの声を通して一般に広まったといってもいいほど、玄人ウケしてきたブランドなのである。ちなみに井伏鱒二が愛用者として知られている。
  今回紹介する「スーベーレーンM400 ホワイトトートイス」がベースになっている400シリーズは、「スーベーレーン」シリーズの主軸であり、日本人の手にもぴったり収まる、シリーズ中二番目に小さなサイズとなっている。この「ホワイトトートイス」の万年筆は1950年代に発売されて、好評を博したトートイスシェルを復活させた人気モデルで、胴軸の透明感のある美しい縞模様がなんとも魅力だ。当時と同じ製作方法で作られているため、完成した1本1本の縞模様が異なっているという。キャップや首軸のホワイト色とクリップのゴールド色、ボディの縞模様の組み合わせが絶妙で、清楚な雰囲気とゴージャスでリッチな雰囲気をあわせもつ逸品に仕上がっている。そんな理由から男性だけでなく女性の愛用者が多いのもこのモデルならではの特徴だ。
  数多くあるブランドのなかで、ペリカンを選ぶ女性はひいき目であるが、知性的な女性というイメージが強い。装飾過多な筆記具に見慣れてしまった現在において、このクリーン&ビューティーな「ホワイトトートイス」はとても好感度が高い。余談であるがペリカンのノック式のボールペンは書きやすいと昔から言われており、こちらもおすすめしたい。

文:倉野 路凡 写真:綿屋 修一

Pelikan(ペリカン)

アイテム: 万年筆、ローラーボール、ボールペン
シリーズ名: スーベーレーン400 ホワイトトートイス
胴軸&キャップ素材: 樹脂
クリップ: ジャーマンシルバー(ニッケル・銅・亜鉛の合金)
万年筆ペン先素材: ロジウム装飾14金
インク吸入方式: ピストン吸入式
万年筆ペン先サイズ: EF、F、M、B、BB、OM、OB、OBB(8種類)
製造国: ドイツ
価格: 万年筆¥3万1500円、ローラーボール¥1万8900円、ボールペン¥1万3650円

ペリカン日本
TEL.03-3836-6541