アクセサリー

08.08.20 UPDATE

柑橘系のさわやかなイエローカラーが登場

 高級筆記具ブランドのパーカーが誕生したのは1888年。日本でも多くの著名人に愛用されていることはよく知られています。デュオフォールドは1921年に登場して以来、パーカーを代表する最高級のシリーズとして君臨しているだけでなく、高級万年筆の象徴ともいえるモデルのひとつといっていいでしょう。  デュオフォールドが誕生した1920年代は、ジャズとアールデコが流行した時代でもあります。新しい時代の幕開けを告げるかのように、それまでの万年筆にない大型のペン先を採用するなど、現在まで受け継がれているパーカーのスタイルを確立しました。
 新しく加わった「デュオフォールド チェック シトリンGT」は、1920年代に人気を博したシトリン(黄水晶)にインスピレーションを受けて作られました。シトリンはゴールドを連想させるカラーから、繁栄と富貴をもたらすとして古来より愛されてきた石ですが、デュオフォールド チェック シトリンGTは、シトリンのカラーをさまざまな濃淡にして組み合わせているのが特徴。透明感のある薄いイエロー、レモンを思わせるさわやかなイエロー、さらには琥珀色に近いイエローなどを、チェック模様にして組み合わせることで美しさを高めています。
 このチェック模様は濃淡の異なるアクリルのプレートを、一つひとつ職人の手によってていねいに重ね合わせて作られた、世界でただひとつのオリジナルデザインになっています。すなわちデュオフォールド チェック シトリンGTを手にすることは、世界でひとつだけのマスターピースを手にすることになるのです。
 ペン先はゴールドカラーとプラチナカラーのツートーン仕上げ。デュオフォールドの伝統を受け継ぎ、くるみのチップを使って56時間かけてていねいに磨き上げています。そしてキャップの先端とペン先には、2005年からデュオフォールドの新しいモチーフとして加えられた「エース」の紋章が施されています。
 サイズは大型のセンテニアル、使いやすいインターナショナル、コンパクトなデミの3種類。好みに合ったデュオフォールド チェック シトリンGTを選んでください。

文:有澤 隆 写真:平野 多聞

写真上からセンテニアル万年筆、インターナショナル万年筆、デミ万年筆、ボールペン。

PARKER(パーカー)

シリーズ名:デュオフォールド チェック シトリン GT
センテニアル73,500円
インターナショナル63,000円
デミ63,000円
ボールペン42,000円
ボディ:アクリライト(切削成型仕上げ)
ペン先:18Kエキストラポリッシュドニブ、プラチナ装飾仕上げ

お問合せ:
ニューウェル・ラバーメイド・ジャパン オフィスプロダクツ事業部
フリーダイヤル0120-673-152
http://www.parkerpen.com/jp