アクセサリー

08.09.09 UPDATE

衝撃的なこのデザインは、実はとても理にかなったカタチなのです!

何年前のことかはっきりしませんが、都内某所で見かけた、推定30代の男性が使用していたメガネ。仕事柄、変わりモノは数多く目にしてきたはずですが、それでもあのとき、筆者の頭の中はまさに「???」状態。そのフレームの異形さに目が点になってしまいました。しかも形ばかりか、くだんの男性の顔に張りつくかのように見えるその様がまた、筆者の理解を越えていました。「何で落ちないの?」という疑問・・・・・・。まぁ、今、思い起こせば、あれが筆者の「パラサイト」との最初の遭遇だったわけですが、でも、同じような体験をした人はきっと少なくないに違いありません。
パラサイトはブランドデビューからして衝撃的だったようです。それは2002年にパリで開かれたSILMO展でのこと。「クライミング中、どんな姿勢や体勢になってもズレ落ちないメガネはないか」との友人の言をヒントに、フランス人デザイナーのヒューゴ・マーティン氏が開発した二股に分かれたテンプルのメガネフレームが、人々は強烈なインパクトをもたらしたのです。その風変わりな姿もさることながら、「メガネは耳に掛けるもの」という概念を根底から覆す革新的フィッティング理論から導き出されたカタチであることも人々を驚かせました。
「顔に張りつくかのようにも見える」と先述しましたが、実はそれこそがキモ。すなわち、軽量&極薄テンプルの上のアームが、その金属の張力と柔軟性によって側頭部を張りつくかのように抱き込み、下のアームがこめかみの下あたりを支持。さらにノーズパッドがフォローするという、6点留めの「ダブルアームシステム」。これがあらゆる姿勢においても、常に快適な装着感をもたらすのです。そう、あの風変わりなルックスは単なるデザインではなく、機能から導き出されたカタチだったのですね。当然、通常のメガネは4点留めですから、6点留めのダブルアームシステムのほうが装着性は安定しているわけで、だから、たとえ動きの激しいスポーツなどにおいても良好な状態でフィットしてくれるのです!
しかも、この二股テンプルは視野の確保という面でも大きな利点があります。例えば、ビリヤードなどでは上目づかいになる場面が多々ありますが、その場合、テンプルが耳殻の上にある通常のメガネでは視点がフレームの外になってしまったり、レンズの周辺部を通して見ることで焦点がボケてしまうことになります。ところが、基本的にフィッティングポジションがフリーのダブルアームシステムでは角度調整が自在ゆえ、上目でも良好な視野とピントが得られるというわけです。
メリットは、まだあります。先述したように、ダブルアームではテンプルを耳殻の付け根に乗せる必要がないので、補聴器を使用した場合、それにテンプルが接触しません。また、そのテンプルが極薄ゆえ、バイクヘルメットなどを被る際にこめかみが圧迫されないため、ストレスなくツーリングが楽しめます。
ということで、パラサイトのメガネが単なるファッションアイテムではなく、機能的でコンフォタブルなフレームであることがおわかりいただけたところで、写真の「マイム3」です。これは2008年モデルで、もちろんダブルアームが採用されています。また、レンズが中空に浮いているかのようなスタイルもパラサイトの定番デザイン。しかも、この「フローティングシステム」もまた、機能から生み出されたもので、すなわち、掛け外しの際にフレームにかかる負荷にレンズが干渉されない構造なのです。
さらに、このフレーム。よく見るとブロンズとチョコブラウンのバイカラーになっています。最近はこうしたバイカラーフレームは珍しくありませんが、「マイム3」の場合、もともとフロントが立体形状であるところに、バイカラーがさらにその立体感を強調するという、なかなか考えられたカラーリングです。
さて、このパラサイトの人気モデル。ファッションとして使いたい方のみならず、補聴器を利用している方、アスリート、スポーツ愛好家、アウトドアマン、バイカー(そしてハスラー!)といった方々にもお薦めですし、手術中にメガネのズレが気になるというドクターにも有効ではないでしょうか。あっ、それともちろん、周囲からウケを狙いたい方にも絶対イチオシです。ちなみにパラサイトとは日本語で「寄生虫」の意味。フレームから伸びた4本のアームが何かの生物の足にも見え、それがブランド名になったのだそうですが、確かに顔に張りつくかのような様から、この命名もまた、なんとも絶妙であると思うのです。

文:山田 純貴 写真:平野 多聞

カーブフレームであるうえにユニークなダブルアーム構造ゆえ、テンプルを折りたたんだ状態でも全く独特の形状になる。当然、通常のメガネケースには収まらないが、専用ケースが付属するのでご安心を。

上のアームは耳殻からやや上の側頭部をホールドし、下のアームは外耳孔の少し前あたりを支える。いずれもピースエンドのシリコンが肌への当たりを緩和するとともに、滑り止めの役も担っているのだ。

PARASITE(パラサイト)

アイテム:メガネフレーム
モデル名:Myme 3(マイム スリー)
シリーズ名:HYBRIDE(ハイブリッド)
フレーム素材:ステンレススチール
ノーズパッド素材:シリコン
ピースエンド素材:シリコン
レンズ寸法:W54×H27mm
ブリッジ長:15mm
テンプル長:114mm
カラー:チョコブラウン、ブロンズ×チョコブラウン(写真)、ワイン×ピンクの3色展開
製造国:フランス
付属品:専用ケース
価格:チョコブラウン=44,100円、ブロンズ×チョコブラウン、およびワイン×ピンク=46,200円

お問合せ:
エイトオプティク
TEL.03-3834-6080
http://www.parasite-eyewear.com/
http://www.eight-optic.co.jp/