アクセサリー

08.10.08 UPDATE

クロコダイルをイメージさせる伝統の漆仕上げ

 装身具に関心のある人なら、ひとつは欲しいと思ったことがあるに違いないエス・テー・デュポン。創業は1872年となかなかの老舗でもありますが、スタートは皮革製品からでした。なお、エス・テー・デュポンという名称は、創業者のシモン・ティソ・デュポンであることはいうまでもありません。
 皮革製品もさることながら、エス・テー・デュポンといえばライターと筆記具を思い浮かべる人が多いことでしょう。精巧を極めた金属加工技術、そして漆の装飾。エス・テー・デュポンが金属に純正漆を施した製品を手がけるようになったのは1930年代の中頃からですが、それは今でもブランドを象徴するものとなっているだけではありません。エス・テー・デュポンの製品を手にしたことがある人なら、寸部の隙もないという表現がけっして大げさなものではないことを実感しているに違いありません。
 2008年8月に発売された「クロコダイル・プレースト・ラッカー」シリーズは、貴金属加工と純正漆仕上げの伝統技術が作り出した類まれな、そしてエレガントな装飾で、純正漆をパラディウムのボディに優美にあしらっています。
 その繊細な模様がクロコダイルをイメージさせることは製品を見れば明らかです。そしてそれは、創業時からの歴史的ノウハウ、皮革製品の熟練した技術をも彷彿させてくれます。キャップとボディの間にあるセンターリングには従来の製品よりも大きなロゴがあしらわれ、エス・テー・デュポンのアイデンティティを強調しています。キャップトップにはもちろん"D"が刻印され、ブランドをさりげなく主張しています。
 クロコダイル・プレースト・ラッカーを手にしたときの密着感は、一般的な樹脂製のボディの万年筆からは得ることができないものです。それは漆ならではの心地よさといえるかもしれません。書くことへのこだわり、持つことの満足感、さらには優れた装身具への愛着など、すべてを備えた万年筆といるでしょう。

文:有澤 隆 写真:平野 多聞

S.T.Dupont(エス・テー・デュポン)

アイテム:万年筆
シリーズ名:クロコダイル・プレースト・ラッカー
品番:480725M
モデル名:オランピオ L
キャップ・胴軸素材:純正漆、パラディウム・フィニッシュ
ペン先:18金 ロディウム・フィニッシュ
ペンの太さ:EF、F、M、B
インク吸入方式:両用式 (カートリッジ、吸入式)
製造国:フランス
価格:15万7500円

お問合せ:
エス・テー・デュポン ジャポン
TEL.03-3448-1391