アクセサリー

08.10.22 UPDATE

スカンジナビア半島の極北に居住する
少数民族の伝統文化に目を向けた新作

南イタリアの伝統職人による最高水準の製品作りを目指して創設されたデルタは、サイドレバー式のインク吸入システムなど、独自に開発したシステムの採用をはじめ、最高の素材にこだわった万年筆作りで高い評価を得ています。
「サーミコレクション」は、2003年から始まったインディジナス ピープル コレクションの最新シリーズです。インディジナス ピープル コレクションとは、世界中の少数先住民族にスポットを当てた限定万年筆シリーズ(一部のシリーズにはボールペンも用意されています)で、第一号のマサイからサーミまで、これまでに9シリーズが発売されています。2005年には日本の先住民族アイヌもシリーズに加えられました。各シリーズとも、それぞれの先住民族の歴史や伝統を伝える装飾やカラーリングが施され、世界中のコレクターから注目を集めています。
サーミ人はスカンジナビア半島の極北に居住する人々で、ラップ人という呼び名でも知られていますが、ヨーロッパ原住民族の中で最も人口が少ない少数民族です。サーミ人は今から約9600年前の氷河期のラップランドにすでにその痕跡が認められていますが、現在、約75000人と推計され、そのうち約20000人がスウェーデンに居住しています。
サーミは独立国家ではありませんが、そのアイデンティティを表すものとして独自の議会(サーミ議会)を持ち、その代表者などで構成されるサーミ代表団を擁しているだけでなく、国旗に相当するサーミの旗も所有しています。
デルタのサーミコレクションはデルタらしい太くて存在感のあるボディに、コルトと呼ばれる色彩豊かな民族衣装を思わせるカラーリングと装飾を施し、クリップにはサーミの旗にも描かれている模様をデザイン化。従来の万年筆には見られない鮮やかな色彩が印象的です。
先住民族とその伝統が見直されつつある今、インディジナス ピープル コレクションの評価もさらに高まっていくことでしょう。まずはサーミコレクションから、新しい万年筆コレクションを始めてみてはいかがでしょうか。

文:有澤 隆 写真:平野 多聞

ペン先、ボディにはトナカイ、天冠にはサーミの議会のシンボルがあしらわれています。

DELTA(デルタ)

アイテム:万年筆、ボールペン
シリーズ名:サーミ
胴軸:レジン
クリップ素材:バーメイル、シルバー925
ペン先:18K/F、M、B
インク吸入方式:バーメイル/レバー吸入式、シルバー/両用式
製造国:イタリア
価格:万年筆 バーメイル 16万8000円、万年筆 シルバー925 13万6500円、ボールペン6万8250円

お問合せ:
ダイヤモンド
TEL.03-3831-0469
デルタの詳しい情報はコチラ