アクセサリー

08.12.09 UPDATE

ホワイトハウスコックスはブライドルレザー小物の先駆者なのです

洒落者や革好きの間で一番人気の革小物ブランドといえば、それは間違いなくホワイトハウスコックス(1860年、英バーミンガム近郊ウォルソールにてホワイトハウス氏とサミュエル・コックス氏により創業)でしょう。しかもさまざまなシリーズを展開する中でも、圧倒的に支持されているのはフラッグシップのコレクションでもある「ブライドルレザー・シリーズ」なのです。なにしろその人気ぶりたるや、おそらくこの十数年間、不変不動なのですから驚いてしまいます。
以前、あるセレクトショップのベテランスタッフの方から、こんな話をうかがったことがあります。
「今でこそ、革小物は人気がありますけど、昔はお客さまも服とかを買ったついでに財布も、といった感じでしたから、ショップ側もあまり力を入れてなくて・・・・。でも、そんな時代に、とても熱心に営業に通っていたのがグリフィンさんでした。当時、うちでは他社の革小物はほとんど取り扱ってなくて、でも、ホワイトハウスコックスを置いておけば安心って感じでしたね」
“グリフィンさん”とは輸入代理店であるグリフィンインターナショナルのこと。筆者が同社とホワイトハウスコックスの存在を知ったのは17年ほど前ですが、それ以前からホワイトハウスコックスはセレクトショップのディスプレイを飾っていたわけです。革小物の人気が高まり始めたのは7、8年前のことですが、それ以前、メンズファッション誌で革小物の特集が組まれるなどは稀であったにもかかわらず、ホワイトハウスコックスの製品は非常にしばしば誌面に登場していたように記憶しています。まぁ早い話、競合が少なかったということなのでしょうけれど、とにかく、今の人気の根底にはグリフィンインターナショナルの先見の明とたゆまぬ努力があったのです。
とはいえ、この人気の理由は営業努力だけよるものではありません。
例えば、同社の製品が英国製だということ。英国ブランドでも生産は他国というケースが多々ある昨今、メイド・イン・イングランドを堅持していることに共感を覚える人は少なくないはずです。しかも、デザインは同国の伝統を感じさせる極めてベーシックなもの。個性的すぎないからこそ、長い間使い続けても飽きがこないし、使い勝手もとてもいいのです。いっぽう、カラーは基本的に6色が用意され、ものによってはバイカラーもあったり・・・・。デザインがベーシックなぶん、カラーで個性を主張しているのです。
そして、ブライドルレザーという素材です。この英国伝統の皮革素材はすでに広く知られているように、元来は馬具用素材として開発されたもの。成牛皮を樹皮や種子などから抽出されたフルベジタブルタンニンの溶液で長期間なめし、染色・乾燥の後、タロー(獣脂)を芯とおしさせることでしなやか、かつ堅牢に仕上げられた革です。放置しておくと、革の表面にブルームと呼ばれる白い粉状のものが浮き出てくるのですが、実はこれが芯とおしされていた脂分。ブラシング、または柔らかいクロスでポリッシングするとこのブルームが消え、革の表面に光沢が現れるのです。
今日、さまざまなブランドがブライドルレザーの革小物を展開していますが、ホワイトハウスコックスは単に昔からこの素材を使ってきたというのではありません。前述したように元来が馬具用のブライドルレザーですが、実は同ブランドは創業時、馬具メーカーだったのです(同社が革小物を本格的に作り始めたのは1930年代からのこと)。当然、その製作にブライドルレザーを使用していたわけで、この素材との付き合いの長さと深さは他社の比ではないのです。筆者の知る限りで、元馬具メーカーで古くから現在に至るまでこの素材を使用し続けている英国の革小物メーカーはホワイトハウスコックスが唯一(もう1ブランドあるのですが、途中で買収などがあり、ブランド名が変わっているのです)。と、そう考えますと、良質なブライドルレザーも希少になりつつありますが、このブランド自体もまた、なんだか貴重な存在に思えてくるのですね。
こうした歴史もあって、ホワイトハウスコックスは革小物、およびブライドルレザーの魅力をどこよりも熱心に私たちに啓蒙し続けてきたブランドであるといえるでしょう。そして、こうした実績やブランド史の重さ、製品に対する信頼性の高さなどが相まって、革小物の世界で確固たる人気を我がものにし得たということなのです。

文:山田 純貴 写真:平野 多聞

表版のみならず、内造りにもブライドルレザーを使用。コバの仕立てには「へり返し」と呼ばれる技法が採用されている。札室や小銭が収納できるジップポケット、8室のカードポケットなどポケットも満載だ。

WHITEHOUSE COX(ホワイトハウスコックス)

アイテム:ジップコインポケット付き二つ折りロングウォレット
シリーズ名:BRIDLE LEATHER(ブライドルレザー)
商品名:LONG WALLET(ロングウォレット)
品番:S-9697
表版素材:ブライドルレザー
内造り素材:ブライドルレザー
ポケットライナー:アンラインド(一部、シープスキン使用)
ファスナー:リリ社製
収納部:札室3室、ジップコインポケット1室、レシートポケット1室、カードポケット8室
サイズ:9×17.5cm(閉装時)、19.5×17.5(開装時)
カラー:ブラック、ニュートン(写真左)、ハバナ(ダークブラウン)、レッド(写真中央)、ネイビー、グリーン(写真右)の全6色展開
価格:36,750円

お問合せ:
グリフィンインターナショナル
TEL.03-5754-3561
http://www.griffin.cx