アクセサリー

09.03.03 UPDATE

カラブレーゼのフォールディングバッグは
男のショッピングバッグとしてもお薦めです

CALABRESE(カラブレーゼ)

新商品ではないのですが、大変よいアイテムであると思い、今回、ここにとりあげることに。それが、このカラブレーゼのフォールディングバッグなのです。
カラブレーゼは1924年、ナポリの洒落者として知られたエウジェニオ・カラブレーゼ氏が起業したネクタイのブランドです。同氏の、その情熱を引き継いだ2代目の時代には美しいカラーリングと、肉厚だが柔らかな絞め心地が魅力の、同社のシルクタイがヨーロッパ各国で評判を呼んでいきました。そして4代目が継承する同社は、現在、ストールやハンカチーフなどはもちろん、バッグや革小物といったレザーアイテムの展開もスタート。なかでも、一部の工程を除き、自社工房の12名の職人たちが手仕事を駆使しつつ作りあげるガーメントバッグなどは、その南イタリアらしい美しい発色や、クラシックとモダンが絶妙に融合されたデザインなどが魅力となり、ミラノで開催される「ピッティ・イマジネ・ウォモ」において各国のバイヤーたちの視線を集めているのです。
さて、そんな注目ブランドの製品から筆者がいち押ししたいのが、この人気のフォールディングバッグなのです。これは「FOLDING(折り重ねること)」の言葉どおり、折りたたむことのできるバッグのことで、日本ではあまり馴染みはないものの、イタリアのブランドで散見できるアイテムです。旅行や出張などの際、ラゲージなどにこれをコンパクトにして収め、滞在するホテルからのちょっとした外出のときとか、みやげなどで荷が増えたときなどにラゲージから取り出して・・・・、とそんな使い方ができるバッグです。もちろん、このカラブレーゼのフォールディングバッグもそうした目的から開発されたものなのでしょう。マチはなく、キャンバスの胴をフレーミングするイタリアンレザーもとてもしなやかであるため、無理なく三つ折りにでき、その状態でナスカン(ナス形のメタルパーツのこと)付きのレザーストラップを胴に巻きつければコンパクトにまとまります(そのナスカン付きストラップは、広げた状態ではコンパートメント内のキーハンガーとして使用可能)。
しかし、筆者が最も気に入っているのは、そのデザインなのです。広げたときの、その姿はなんのてらいもないキャンバストート。シンプルであるがゆえに、筆者のようなミドルエイジの男が肩から提げても全く違和感がないのです。しかも品のある風合いを見せるキャンバスの発色が大変美しく、サブマテリアルのイタリアンレザーは風格を感じさせてくれます。で、ふと思ったのです。「これは男が持つことのできるショッピングバッグになるのでは?」と!
昨今、買い物の際は店のビニール袋は使わず、「自分のショッピングバッグを」との意識が広まっているわけですが、世に出回っているショッピングバッグときたら、もう、そのほとんどは女性向け。まぁ、買い物する機会は女性のほうが多いのは確かですが、男だって買い物はしますし、たとえば休日、荷物持ちとして食品の買い出しに駆り出されることだってあるわけです。そんなとき、女性っぽい柄のショッピングバッグを持たされるのをちょっとためらってしまうのは、きっと筆者だけではないはずです。
そこで、このカラブレーゼのフォールディングバッグです。これならミドルエイジの男でも気おくれなく持つことができますし、しかもお洒落で品があるので、どんな着こなしとも違和感なくマッチ。旅行のみならず、週末の買い物やちょっとした外出でもしっかり活躍してくれるバッグなのです。もちろん、女性が持ってもエレガントなので、夫婦で愛用することもできますし、夫婦で色違いを揃えても楽しいのではないでしょうか。たとえ奥方が倹約家でも、「キミも使えるから」などと説得すれば、財布のヒモをゆるめて購入を許してくれるかもしれません。
というわけで、お洒落を心得るジェントルマンなら、ぜひこのカラブレーゼのフォールディングバッグを!

文:山田 純貴 写真:笠井 修

CALABRESE(カラブレーゼ)

アイテム:フォールディングバッグ
モデル名:ROTOLO(ロトロ)
外装素材:イタリア製コットンキャンバス×イタリアン・ナチュラルタンニングレザー
内装素材:アンラインド仕様
メタルパーツ:ナスカン、オーリングなど(以上、いずれも真鍮製鏡面仕上げ)
収納部:メインコンパートメント1室(ファスナー開閉式、差し込み式センターストラップ付き)
サイズ:W45×H45cm
カラー:ブラック、パープル、ブルー、グリーン、オレンジ、その他カラーバリエーションあり(以上、いずれもキャンバス部分のカラー)。
製造国:イタリア
価格:2万5200円

お問合せ:
フォンテンブロー
TEL.03-5459-0933