アクセサリー

09.03.10 UPDATE

スティピュラ創業の地フィレンツェで
栄華を極めたエトルリア人に捧げる逸品

Stipula(スティピュラ)

 イタリア半島中部のトスカーナ地方には、古代ローマ以前に独自の言語と文化を持っていた先住民族エトルリア人が暮らしていました。現在トスカーナ州の州都になっているフィレンツェは、エトルリア人によって建設された町です。またフィレンツェの近郊にある300メートルほどの小さな丘の上には、フィエーゾレと呼ばれる町があり、そこからはフィエレンツェが一望できます。
 エトルリア人とその文化、および言語は次第に古代ローマ人に同化して消滅してしまいましたが、古代ローマはエトルリアの高度な文化を模倣したとも言われています。
 スティピュラはそのフィレンツェで生まれ育ったレンゾ・サルバトーリによって1973年に創業されました。すなわち、フィレンツェはスティピュラにとっても、レンゾ・サルバトーリにとっても特別な意味を持っている町なのです。仕事の途中で、何気なくふと窓の外に目を向けたときに見えるトスカーナの大地に、サルバトーリは古代エトルリア文化・伝統の継承に力を尽くす自身の夢が重なりました。
 そして生まれたのが、かつて栄華を極めたエトルリア人たちの遺跡が点在する小さな町フィエーゾレに捧げられる限定万年筆「エトルリア フィエーゾレ」です。スティピュラらしいクラシックなスタイルのフォルムを持つエトルリア フィエーゾレは、書き味や触感・素材感、さらには使う人にとってのバランスを重視し、1本1本が職人の手作りにより仕上げられています。そして何より、ボディにはゴールデン・ブラウンとブルーを基調にした厳選されたセルロイドを使用し、スターリングシルバー製のキャップリングとクリップには生命の継続性、そして季節(時代)の移り変わりのシンボルとしての葉のモチーフが刻まれているのが特徴です。スティピュラの持ち味を実感できる逸品であるといっていいでしょう。ぜひともコレクションに加えたい1本です。

文:有澤 隆 写真:平野 多聞

Stipula(スティピュラ)

アイテム:万年筆
シリーズ名:Etruria Fiesole(エトルリア フィエーゾレ)
胴軸素材:セルロイド、シルバー925
ペン先:18K
機能:ピストン吸入式
サイズ:143mm
製造国:イタリア
価格:10万5000円

お問合せ:
ダイヤモンド
TEL.03-3831-0469

スティピュラの詳しい情報はコチラ