アクセサリー

09.03.13 UPDATE

アミパリの新作は軽快な掛け心地&シャープなデザインで個性を主張

AMIPARIS(アミパリ)

今回、ご紹介する眼鏡フレームは人気のドメスチックブランド、アミパリの最新作です。
アミパリはフランスの名門眼鏡メーカー、マウリス・モレル(創業1880年)の日本総代理店として1979年に東京に設立されたモレルジャパン社(2006年に株式会社アミパリに改称)が1986年に立ち上げたオリジナルブランド。その製品の最大の特徴は、機能性とファッション性の巧みなバランスにあるといえるでしょう。すなわち、機能性を徹底的に追求することから生み出されたストレスのないコンフォタブルな装着感と、個性的で洗練された落ち着きあるデザインが絶妙に調和し合い、独自の機能美をなしているのです。そして、この特性が写真の「TP-906」にも引き継がれていることはいうまでもありません。
これはオールメタルフレームの人気コレクション「TP-900シリーズ」をベースに、テンプルをアセテート製に変更した新シリーズの1モデルです。頭部に確実にフィットするU字形のヒンジパーツは、アミパリの定番ディテールですが、本品ではアセテートのテンプルと相まり、その装着感はソフトに抱き込まれるかのような心地よさです。また、フロントには軽量、かつ耐久性の高いチタンを採用。しかもリムは細く、玉形がナローであるため、顔の表情を知的、かつクールに見せることができるのです。
このモデルもそうなのですが、アミパリのフレームはカジュアルにはもちろん、ビジネスシーンにも違和感なく使用できる"守備範囲の広さ"が魅力。オールマイティに使えて、しかしさりげなく自己主張できる。そんな眼鏡をお探しなら、アミパリなのです。

文:山田 純貴 写真:笠井 修

テンプルを開いた際、互いに直に接することのないフロントとテンプルをU字形ヒンジがリンク。ある種"空間"を想起させるその連結部が、フレーム全体の印象をより立体的なものに見せている。

天地がナローで、ややフォクシーなリムの形状が顔の表情にお洒落、かつシャープで知的な印象をもたらし、フロントのマットチタンの風合いがクラス感を演出。加えて、軽快な掛け心地も魅力である。

AMIPARIS(アミパリ)

アイテム:眼鏡フレーム
シリーズ名:TP-905シリーズ
モデル名:TP-906(ナイロール)
素材:フロント=チタニウム/βチタニウム、テンプル=アセテート、テンプル芯=チタニウム
レンズサイズ:W53×H26.5mm
鼻幅:18mm
フロント全幅:134mm
テンプル長:135mm
カラー:ブラック(写真)、グレイ、ダークブラウン、アンティークレッドの4色展開
製造国:日本
価格:2万9400円

お問合せ:
アミパリ
TEL.03-3836-1141
http://www.amiparis.co.jp/