アクセサリー

09.07.08 UPDATE

見せるために持ち歩きたくなる
カラフルで楽しいボールペン

Recife(レシーフ)

 ボールペンは鉛筆に次ぐポピュラーな筆記具といえます。オフィスでは廉価なボールペンが「氾濫」し、さまざまなインセンティブにもボールペンが多用されています。高級ブランドのボールペンも、書き味はもとより、デザインも実用性を重視しているものが多いように感じられます。確かに、実用品としてのボールペンには装飾やデザインの面白さは「余計なもの」なのかもしれません。
 けれども、そんな既成概念を覆したといえるボールペンがあります。フランス生まれの筆記具ブランド「レシーフ」です。
 レシーフは1987年に2人の若いフランス人デザイナー、ステファン・アーナルとレオ・スマガによって設立されました。彼らはアンディ・ウォーホルの作品をモチーフにしたり、葉巻用アルミケースを素材に取り入れたりと、文字を書くという実用性とは一線を画した、ファッション的志向を取り入れた作品を次々と発表し脚光を浴びることとなりました。その斬新でユニークな発想はフランス特有の保守的な、そして伝統的な体質の否定ともいえるものです。
 しかも、それらの製品はパリ郊外の森の中にある工場で、フランス人の職人により1本ずつ手作りで製作されているので、レシーフの特徴にもなっているマーブル模様は1本1本すべて異なっています。つまり、世界中どこを探しても同じマーブル模様のレシーフは存在しないのです。
 そうしたレシーフのボールペンのなかでもひと際人気が高い「パールオーガナイザーボールペン」に、新色のキャンディーがラインナップされました。従来のバイオレット、パールギャラクシー、ピンク&ブルー、ターコイズに加えて全部で5つのバージョンが揃い、全バージョンをコレクションしたくなるほどです。
 書くためだけでなく、「見せるために持ち歩く」だけでも楽しいボールペン。パールオーガナイザーボールペンの魅力を実感してみてください。

文:有澤 隆 写真:笠井 修

Recife(レシーフ)

アイテム:ボールペン
シリーズ名:パールオーガナイザー
カラー:左からパールギャラクシー、キャンディー、ピンク&ブルー、ターコイズ、バイオレット(ほか全8色展開)
胴軸素材:レジン
機構:ツイスト式
製造国:フランス
価格:7875円

お問合せ:
銀座吉田株式会社
http://www.ginzayoshida.co.jp

※この情報は、2009年7月8日の情報です。