アクセサリー

09.08.12 UPDATE

ひし形紋様を施したホワイトボディで
丸みを帯びた太めの姿が美しく変身

FABER-CASTELL(ファーバーカステル)

人間工学に基づいた特徴的な丸みを帯びた、太めのボディを持つエモーションシリーズに新作が登場しました。ボディ素材にホワイトレジンを採用し、表面にエレガントなアーガイルパターンのレーザーエングレーブメント(レーザーによる彫刻)を施した「ロンバス ホワイト」(Rhombus white)です。
アーガイルパターンとは、ダイヤモンド柄をモチーフにした格子柄で、いわゆるひし形紋様のこと。そしてロンバスはひし形を意味する英語ですから、ロンバス ホワイトというネーミングはボディに施されたひし形紋様に由来していることがわかります。
エモーションシリーズは、ボディの形状以外にもいくつかの特徴があることで知られています。そのひとつに梨の木やメープルといった木材をボディ素材に採用していることがあげられます。けれども、レジンを用いたものも少なくなく、いずれも表面に特徴的なパターンが施されています。ロンバス ホワイトは、そのレジンを用いたシリーズの仲間ということになります。
エモーションシリーズのもうひとつの特徴は、1.4ミリという極太の芯を採用したペンシルにあるといえます。ペンシルの芯は日本では0.5ミリが一般的ですが、欧米ではやや太めの0.7ミリが一般的。その倍の太さの1.4ミリというのには驚かされます。メモを取ったり、文章を書いたりといった筆記具としてはやや不向きかもしれませんが、デザインスケッチを描いたりするのにはとても便利で、デザイナーや編集者などの間では愛用者が少なくないようです。
万年筆、ボールペン、ペンシルに共通しているのは、流れるようなラインが目立つスプリング式のクリップで、ポケットや手帳などにしっかりと挟み込むことができます。また、クロームプレートされた口金とエンドキャップ、そしてボディのホワイトとのコントラストも魅力的です。

文:有澤 隆 写真:笠井 修

FABER-CASTELL(ファーバーカステル)

アイテム:万年筆、ボールペン、ペンシル
シリーズ名:エモーション ロンバス ホワイト
胴軸素材:ホワイトレジン
ペン先:ステンレススチール
機構:万年筆 カートリッジ・コンバーター両用式、ボールペン・ペンシル 回転繰り出し式
製造国:ドイツ
価格:万年筆 1万4700円、ボールペン 8400円、ペンシル 8400円

お問合せ:
DKSHジャパン
TEL.03-5441-4515

※この情報は、2009年8月12日の情報です。