アクセサリー

09.11.18 UPDATE

イタリアの高級スポーツカー「マセラティ」の
スポーツスピリットとエレガンスを表現した傑作

OMAS(オマス)

日本でも万年筆愛好家の間で高い人気を得ているオマスから、高性能スポーツカーで知られるマセラティとのコラボレーションによるリミテッドエディション「マセラティ MASERATI」が発売されました。
オマスは1925年にイタリアのボローニャで創設されました。1926年には万年筆のボディに小さな医療用体温計を組み込んだ「ドクターズペン」で高い評価を得たのをはじめ、12面体のボディを持つ「アルティイタリアーナコレクション」や、三角形ボディの「360コレクション」など、ユニークなコレクションを発売して人気を得ています。
一方マセラティは、同じくボローニャで1914年に創業された自動車メーカーです。日本でも高性能な高級スポーツカーメーカーとして熱烈なファンが少なくありません。すなわち、オマスとマセラティはともにボローニャで生まれ育ったメーカーであり、エレガンス、豪華、権威、独自性、そして卓越したモノへの情熱という価値を表現していることも共通しています。
オマスのマセラティは「マセラティのためのオマス」として、スターリングシルバーで製作された1200本の限定モデルです。マセラティのスポーツスピリットとエレガンスを、ディテールにこだわるオマスの工芸技術によって表現しています。
キャップトップには、マセラティの歴史的なエンブレムであり、現代的で革新的なグランツーリスモから構想された空気力学的デザインでもあるフロントグリルがデザインされています。カーブを描くクリップは、キャップトップ(フロントグリル)から流れる風がデザインしたかのようなカーブを描いています。輝くキャップトップとクリップは、サテン仕上げのキャップ本体とのコントラストをなしています。また、キャップの横には空気取り入れ口をデザインした彫刻が巧みに配置されています。
胴軸もサテン仕上げで、キャップ同様にライン模様で装飾され、円錐形のボディを強調しています。そしてボディエンドは輝きのある六角形。これはインクのピストン吸入システムのためのピストンで、ギリシャ神話の海洋の神であるポセイドンが持つ三叉の鉾、トライデントをモチーフにしたマセラティのロゴが浅く浮き彫りになっています。トライデントは輝く首軸にも彫刻されています。
18金を使用したペン先にはロジウムメッキが施され、オマスのマセラティは全身がシルバーカラーで包まれた万年筆に仕上げられています。イタリアの創作力を象徴するかのような調和のとれた形とデザイン。ぜひとも手にとって実感してみてください。

文:有澤 隆 写真:笠井 修

マセラティの歴史的なエンブレムであり、現代的で革新的なグランツーリスモから構想された空気力学的デザインであるフロントグリルがキャップトップにほどこされている。

OMAS(オマス)

アイテム:万年筆
シリーズ名:MASERATI(マセラティ)
胴軸素材:スターリングシルバー、ロジウムプレート
ペン先:18K
機構:ピストン式
サイズ:150.1mm(収納時)/135mm(筆記時)
製造国:イタリア
価格:315000円

お問合せ:
インターコンチネンタル商事(株)
TEL.03-6230-2577

※この情報は、2009年11月18日の情報です。