アクセサリー

09.12.02 UPDATE

世界の老舗ジュエラー・モーブッサンから
ブラックボディのペン・フォーエバーを発売

モーブッサン

パリのヴァンドーム広場に本店を構える老舗宝飾店、通称グラン・サンクのひとつとして知られるモーブッサンは今年2月、東京・銀座にフラッグシップストアをオープン。6月には先着5000人に0.1カラットのダイヤモンドを無料配布というイベントを催して大きな話題になったばかりですが、そのモーブッサンから、筆記具の新シリーズ「ペン・フォーエバー」が発売されました。
フォーエバーというネーミングを持つシリーズにはすでに腕時計やアクセサリーなどの人気アイテムがありますが、ペン・フォーエバーにはその人気シリーズに加わった新しいアイテムということのようです。
世界の人気トップジュエラーが発売する万年筆は、さぞかし豪華できらびやかなのではと思いきや、キャップヘッドにモーブッサンのロゴマークがシルバーカラーに輝いているほかは黒ずくめ。なんともシンプルなデザインです。
けれどもジュエラーが作る万年筆は、やはりただものではありません。ブラックボディはセラミックス製。クリップ周りとキャップリングはブラックPVD加工を施したゴールド製と、全身をブラックで統一しているのです。ブラックセラミックは金属やレジンとは異なる、独特の質感と艶を持っています。しかもボディの形状は四角。リップスティックかマスカラを思わせるものがあります。デザインがシンプルなだけに、深みのあるブラックと、丸みを持たせた四角のボディがいっそう存在感を誇示しているかのようです。
ペン先はもちろん18金で、ロジウムプレートを施したシルバーカラーがブラックのボディと対照的です。インクの吸入方式も、現在の主流ともいえるカートリッジ式ではなくコンバーター式になっています。あえてカートリッジとの両用方式にしなかったのは、老舗ジュエラーのモーブッサンならではのこだわりかもしれません。
筆記具メーカーとは明らかにコンセプトの違いが感じられるペン・フォーエバー万年筆。特別な日に贈る、大切な人へのプレゼントにもぴったりです。気になる人は、さっそくモーブッサンのブティックへ足を運んでみてください。

文:有澤 隆 写真:笠井 修

MAUBOUSSIN(モーブッサン)

アイテム:万年筆
シリーズ名:ペン・フォーエバー
胴軸素材:セラミック、ブラックPVD加工ゴールド
ペン先:18K
機構:コンバーター式
サイズ:138mm(収納時)/125mm(筆記時)
製造国:フランス
価格:178500円

お問合せ:
モーブッサン ジャパン
TEL.03-3573-3921

※この情報は、2009年12月2日の情報です。