アクセサリー

10.02.16 UPDATE

新アプローチのヒンジが表す
「フォーナインズ」の進化

999.9(フォーナインズ)

眼鏡フレームのかけ心地におけるスタンダードは、ここ数年で急激に上昇した感がある。眼鏡フレームが高機能であることが半ば常識となり、各社ともストレスの少ない快適なかけ心地を実現したフレームの開発に注力している。こうしたフィッティングのスタンダードを押し上げた張本人であり、今なおリーディングブランドとして業界を牽引しているのが、フォーナインズだ。
今回紹介する「S-100T」は、そんな同社がリーディングブランドでありながら、技術力のアップデートにも余念がないことを表す新作。眼鏡フレームのかけ心地は、いくつものパーツの形状や素材特性などの複合的な要素によって生み出されるものではあるが、同社のフレームを非凡なものにしているのが "逆Rヒンジ"と呼ばれるパーツであることをご存知の方も多いはず。フレームを着脱する際は柔軟に広がり、装着すると元の状態へと瞬時に戻る。そして、頭部を包み込むような形状のテンプルとの相乗効果によって、タイトすぎず、かといって緩すぎもしない絶妙なフィット感を生み出す画期的な構造だ。
今回の「S-100T」は、この"逆Rヒンジ"と同等の機能を異なるアプローチで表現したヒンジを採用。このヒンジの形状自体は昨シーズンのモデルに採用されたものと同じだが、テンプルの合い口部分を二股形状にした上で、ヒンジのバネ部分を伸ばすことにより、ヒンジにかかる負荷がより効率よく吸収できるようになったのだ。"逆Rヒンジ"といえば、ブランドのアイコンともいえるパーツであり、見た目においてまったく異なるヒンジを採用することは大胆なアプローチではるが、かけ心地のクオリティの高さは、まぎれもなくフォーナインズならではのものといえる。
ちなみに「S-100T」は、レンズシェードという新機構が、サイドから見た際のアクセントとなり、レンズの厚みを目立たなくする視覚効果も発揮する。デザイン性を高めると同時に、強度近視のユーザーにも配慮する、このきめ細やかなモノ作りも同社ならではだ。

文:遠藤 匠(YUBUNSHA) 写真:笠井 修

999.9(フォーナインズ)

アイテム:眼鏡フレーム
モデル名:S-100T
フロント素材:βチタン、純チタン
テンプル素材:βチタン、チタン合金
製造国:日本
価格:3万9,900円

お問合せ:
フォーナインズ
TEL. 03-5727-4900
http://www.fournines.co.jp/

※この情報は、2010年2月16日の情報です。