アクセサリー

10.03.16 UPDATE

老舗の技術力に裏打ちされた
今日的なボストン型フレーム

OUTERMOST DESIGN(アウターモーストデザイン)

ここ数年来のクラシック調フレームの人気は今季も引き続き継続中。スタイルにおいては、これまでのメインストリームだったティアドロップ型やウエリントン型に加えて、よりクラシック色の強いボストン型を手がける作り手が増えて、一時のブームという言葉では片付けられないほどの盛り上がりを見せている。
ボストン型といえば逆おむすび型の丸みを帯びたフォルムが特徴で、昨今はそれを小振りに仕上げたり、あるいはボリューム感を持たせるといったアレンジを加えてクラシック色を誇張したフレームが多い。そうした中、他社とはひと味違う洗練されたアプローチで異彩を放っているのが、アウターモーストデザインの「OmD-016」だ。
写真をご覧の通り、全体を細身に仕上げたフレームは、ボストン型の面影は感じはするものの、どこか洒脱な印象。繊細にしてシャープでもある独特の表情が、研磨技術の高さとライン取りの巧みさを物語っている。また、透明感のあるセルロイドにヘリンボーン調の柄が見え隠れするテクスチャーは、クラシックでありながら新鮮味も併せ持つ、絶妙なバランス感に仕上がっている。
実はこのアウターモーストデザインというブランドは、福井県福井市で1937年に創業して以来、皇室御用達の眼鏡メーカーとして天皇家の眼鏡を作り続けてきた老舗のクロバー社が展開するブランドのひとつ。三代目である川端知幾氏が、自社のハンドメイド眼鏡の技術力を現代的に用いたフレーム作りに挑み、頭角を現している気鋭のブランドなのだ。クラシックの本流を知り尽くした作り手だからこそ表現できるモダンさを持つ、このボストン型フレーム。クラシックをより洗練された形で表現したい方はもとより、トレンドに左右されない普遍的な美しさを求める方のお眼鏡にも、きっとかなうはずだ。

文:遠藤 匠(YUBUNSHA) 写真:笠井 修

OUTERMOST DESIGN(アウターモーストデザイン)

アイテム:眼鏡フレーム/サングラスフレーム
モデル名:Omd-016♯7
フロント素材:セルロイド
テンプル素材:セルロイド
製造国:日本
価格:1万8,900円

お問合せ:
アウターモースト
TEL.0776-38-5111
http://www.outermost.jp

※この情報は、2010年3月16日(火)の情報です。