アクセサリー

10.03.23 UPDATE

英国製のオールレザーなのにアンダー3万円だなんて!

TUSTING(タスティング)

タンナー(製革会社)が多角化として革製品製造の分野に進出したという話はいくつか知っていますが、タスティングの取り組みはそうしたケースの代表といえるでしょう。
5代にわたり、タスティング家によって営まれてきたタスティングは1875年、皮革や皮革製品の一大生産地で、今日では英国靴の聖地として名高いノーザンプトンの郊外にタンナーとして産声をあげました。以後、135年の長きにわたり、英国を代表する名門タンナーとしてエドワード・グリーン、ジョン ロブ、チャーチ、クロケット&ジョーンズといった一流シューメーカーなどに皮革を供給し続けています。また、現社長のウィリアム・タスティング氏はノーザンプトン大学における皮革工学の博士号をもち、本国では「マスター・オブ・ブリティッシュレザー」として著名です。
その名門タンナーが自社の名を冠した革製品のコレクションをスタートさせたのは1990年のこと。チャールズ皇太子もご愛用のフィッシングバッグやハンティング用ガンケースなどのアウトドア製品をはじめ、カジュアル、ビジネスマンの多彩なバッグを展開し、アストンマーティンやトライアンフなどのオフィシャルバッグなどを製作したことも。
さて、写真は昨年リリースされ、日本で人気の高い「エコレザー・トートバッグ」です。タスティングのレザーバッグというと英国らしい風格あるオーセンティックなタイプを思い浮かべますが、このトートはそうしたイメージを覆す、シンプルで洗練されたバッグに仕上がっています。しかも手に持つと、これがビックリするほど軽いのです。
商品名にもある「エコレザー」とは、じつはタスティングがシューメーカーに供給している靴のライニング用レザーなのだそうです。靴用をバッグに流用しているので「エコレザー」ということなのでしょう。マットな風合いで、コシがあり、非常に軽いのが特徴で、そのため、このトート自体も非常に軽量に仕上がっているわけなのです。しかも使い込むと色艶が増すエイジングレザーですので“育てる”楽しみも得られそうです。
しかし、なにより嬉しいのは、純英国製のオールレザーバッグでありながら、お値段が税込みでアンダー3万円だという点です。とはいえ、チープさは全くなく、使われている素材には品が感じられ、仕立ても上々。見た目にクラス感がありますから、大人のバッグとして気後れなく使えるはず。ことに、この生成りのタイプは清涼感がありますから、これからの季節、レジャー用としてイチオシなのです。

文:山田 純貴 写真:猪又 直之

TUSTING(タスティング)

商品名:エコレザー・トートバッグ
素材:胴素材/エコレザー、ハンドル&トリミング素材/レザー、ライナー/コットン(カラーはブリティッシュ グリーン)
収納部:メインコンパートメント1室(開口部左右に真鍮製留め金具付きレザーストラップ1対を装備。オープンポケット1室、ファスナーポケット1室内蔵)
サイズ:W41×H32×D18cm
カラー:ブラック、ナチュラル、レッド、グリーン、ブラウンの5色展開
価格:2万9400円

お問合せ:
ヴァルカナイズ・ロンドン
TEL.03-5464-5255
http://www.vulcanize-lon.com

※この情報は、2010年3月23日(火)の情報です。