アクセサリー

10.04.19 UPDATE

仕上げの美しさが際立つ
渾身のクラシックフレーム

EnaLloid(エナロイド)

眼鏡フレームのクオリティを表すスペックはいくつかあるが、その中でもとりわけ見た目の印象を大きく左右するのが、仕上げの美しさだ。具体的な行程としては、アセテートを始めとするフレーム素材を製品のフォルムに削り出した後、ツヤ出しなどの磨き処理を行うわけだが、極論すればいくらフォルムが美しくても、この磨きの精度が低ければフレームの存在感は大きく違ってくる。しかも、ディテールをそぎ落としたクラシカルなフレームの場合は、その仕上げの精度がより際立って見えるものだ。
こうした意味合いにおいて、高い完成度を実現しているのが、今回紹介するエナロイドの「L-1001-1」だ。開発担当者が「派手さのないデザインで、日本製のクオリティの高さを表現したかった」というだけあって、ツヤ出し処理は、すべて手磨きを採用。稀少なタキロン社製アセテート生地ならではの風合いを生かしつつ、シャープにして落ち着きも感じさせる見事な光沢を表現している。通常のアセトンなどの薬剤による仕上げに比べ、ツヤ感の美しさやその持続性は群を抜いている。
ちなみにこのフレームは、重厚な印象になりがちなサーモントブローを基調としながら、オーバル系の洗練させた印象に落とし込デザインワークも秀逸。昨今の一大潮流となっているクラシックフレームに、大人の男に相応しい上質な味付けを施す手腕で今、「エナロイド」に勝るブランドはそうそうないだろう。

文:遠藤 匠(YUBUNSHA) 写真:猪又 直之

EnaLloid(エナロイド)

アイテム:眼鏡フレーム
モデル名:L-1001-1
フロント素材:アセテート/チタン
テンプル素材:アセテート/チタン
製造国:日本
価格:3万3600円

お問合せ:
サラディストリビューション事業部
TEL. 03-5985-0835

※この情報は、2010年4月19日(月)の情報です。