アクセサリー

10.04.28 UPDATE

波と海の鼓動を純正漆のブルーで表現した
大胆でモダンな印象の限定コレクション

エス・テー・デュポン

万年筆の選び方に決まりはありません。一般的には書き味というか、文字を書くときの感触に惹かれて選ぶことが多いと思いますが、デザインやブランドで選ぶ人も少なくないに違いありません。1日に何十枚もの原稿を書く作家(もっとも最近は万年筆で原稿を書く人は少なくなったようですが)でもない限り、書き味や感触もさることながら、趣味やステータスを考えて万年筆を選ぶことも大人の楽しみといえるのかもしれません。なかでも限定品などになると、その万年筆が持つヒストリーやいわれなどに魅力を感じて選ぶといったことも珍しくないようです。
エス・テー・デュポンの2010年限定コレクション「ネプチューン」には、そうしたいくつもの魅力をたたえた、筆記具を超えた美しさが備わっているように思えます。 ネプチューンとはローマ神話に登場する水と海の神のことで、ギリシャ神話ではポセイドンという名で知られています。ネプチューンは深海に宿る「静寂」と「平和」を象徴する神であり、自然界の海原で起ることのすべてを知り、支配しているといわれています。海がひどく荒れて海難事故が起きたときには、海の静寂と秩序を取り戻すようにコントロールするのがネプチューンです。
エス・テー・デュポンのネプチューンは、そうした自然化の素晴らしいエレメントである「水」、そしてそれを象徴するローマ神話の神ネプチューンに賛辞の意味を込めて作られました。エス・テー・デュポンの最高級ラインとして世界中の多くの人々に愛用されているオランピオをベースに、純正漆の深い青で「波」と「静寂」を表現。ミラー仕上げのパラディウムに映えるネイビーブルーには、エス・テー・デュポンが誇る漆と金銀細工の熟練の技が存分に発揮されています。また、波の模様のなかには、この限定コレクションの象徴でもある3つの小さな真円モチーフが特徴的に刻印されています。
筆記具としての機能と信頼、そして美しさと大胆さを併せ持ったデザイン。万年筆が持つさまざまな魅力が凝縮されたネプチューンは、万年筆を愛する大人たちにふさわしい逸品といえるでしょう。

文:有澤 隆 写真:猪又 直之

S. T. Dupont(エス・テー・デュポン)

アイテム:万年筆
シリーズ名:2010年限定コレクション「ネプチューン」(世界限定888本)
胴軸素材:パラディウム、純正漆
ペン先:18K
機構:カートリッジ、コンバーター両用式
サイズ:142mm(収納時)
製造国:フランス
価格:151200円

お問合せ:
エス・テー・デュポン ジャポン
TEL.03-3448-1391
http://www.st-dupont.com

※この情報は、2010年4月28日(水)の情報です。