アクセサリー

10.05.25 UPDATE

男が気後れせず使えるエコバッグをお探しならコレです!

BUTTERO(ブッテロ)

この数年、鞄の世界に"エコバッグ"という新しいカテゴリーが加わりました。地球環境の負荷となる塩ビニの買い物袋。その消費量を、エコバッグを使うことで減らせるのなら大いに結構などと思い、"マイ・エコバッグ"を探しにあちらこちらのショップを見てまわったことがあったのですが、当時は主婦向けばかりで、男が持って様になりそうなものは見つかりませんでした。まぁ、さすがに最近は、数は多くないものの、我ら男が持ち歩けそうなタイプも見かけるようになりましたが、とはいえ、積極的に「使ってみたい!」と思わせるエコバッグとなると、これがなかなか出会えずにいました。
そこでブッテロ(1974年、伊フレンツェにてマウロ・サーニ氏が創業)の、このキャンバストートです。これは「ブッテロ トーキョー」と「ブッテロ オーサカ」、およびブッテロのオンラインのみで購入できる限定エコバッグ。もちろん、小さく折りたためば、他のバッグに入れて持ち運ぶことができるのです。
本胴の外装は粗い目地のコットンキャンバスで、しかもウォッシュ加工が施されているのでしょう、洗いジワとほどよい褪色により、ヴィンテージ風の風合いが醸し出されています。しかも、クッタリとヤレているため、無理なく折りたたむことができるのです。また、肩掛け可能なハンドル、およびループに使われている革はブッテロの定番素材である、タンニンなめしのイタリアンオイルドレザー。最初は少し硬さがあるものの、使い込んでいくと柔らかくなり、より味わいある表情にエイジングします。ちなみに写真からもおわかりのとおり、3サイズがあり、いずれも3色展開。写真はミリタリー調にも見えるワイルドなオリーブで、他に落ち着きを感じさせるブラックと、この季節に相応しい清涼感あるサンドベージュがラインナップされています。さらに、ブランドロゴが大きくプリントされているのも、ちょっと嬉しいポイントではないでしょうか?
いかにもブッテロらしい、ちょっと無骨で、たっぷり味のあるこの佇まいは既存のエコバッグのフェミニンっぽさとは無縁。これなら筆者のようなミドルエイジも気後れなく使えそうです。休日のショッピングにはもちろん、旅行や出張のサブバッグとしてもOK。ブリーフケースに忍ばせておけば、帰宅途中の買い物にも大いに役立つことでしょう。

文:山田 純貴 写真:猪又 直之

BUTTERO(ブッテロ)

アイテム:キャンバストートバッグ
モデル名:SCANZANO CANVAS TOTE(スカンザーノ)
素材:外装/コットンキャンバス(ウォッシュ加工)、内装/コットン、持ち手/イタリアンベジタブルタンニンレザー(オイルド加工)
収納部:メインコンパートメント1室(オープン式。ファスナーポケット1室内蔵)
カラー:ブラック、サンドベージュ、オリーブ(写真)の3色展開
写真左から:
  スモール(W25×H30×D15cm) 1万6800円
  ミディアム(W37×H34×D13cm) 1万8900円
  ラージ(W43×H37×D15cm) 2万1000円

お問合せ:
ブッテロ トーキョー TEL.03-5766-1718
ブッテロ オーサカ TEL.06-6131-6510
http://www.buttero.jp
ブッテロ オンラインストア

※この情報は、2010年5月25日(火)の情報です。