アクセサリー

10.05.26 UPDATE

女王エリザベス1世とその時代に敬意を表して
英国史上もっとも偉大な女王へのオマージュが誕生

MONTBLANC(モンブラン)

コレクターズアイテムとしても人気の高いモンブランのパトロンシリーズの2010年モデル「エリザベス1世」が発売されました。パトロンシリーズは、パトロン(庇護者)というネーミングが示すように、芸術と文化に貢献してきた人物に敬意を表する目的で製作されているもので、これまでに発売された作品のなかにはオークションで高値を呼んでいるものも少なくありません。
エリザベス1世といえば、海を隔てたヨーロッパの片田舎だったイングランドを、世界に冠たる大英帝国へと飛躍させるという画期的な功績を残し、歴代のイングランド国王のなかで最も成功を収めた人物として知られています。同時に、アートへの関心も非常に高く、その宮廷からは数多くの優れた芸術作品が生まれました。日本でも有名なウィリアム・シェイクスピアをはじめ、詩人のエドマンド・スペンサー、画家のニコラス・ヒルヤードなどがその才能を開花させたのもその時代です。
またエリザベス1世自身も才能ある作家であり、同時代のフランス王女マルグリット・ド・ナヴァルが創作したフランス語の詩集を翻訳したりしています。その書物は『罪深き魂の鏡』というタイトルが付けられ、原本は現在もオクスフォード大学のボドリア図書館に所蔵されています。このようなエリザベス1世の教養と気高き才能に敬意を表して、パトロンシリーズのエリザベス1世は世界4810本限定モデルと、世界888本限定モデルの2種類が製作されます。
エリザベス1世4810のデザインと装飾には、女王エリザベス1世の人生と治世、そして紋章が反映されています。ペン先には1559年に即位したとき身に着けていた黄金の王冠の模様が手彫りで施され、胴軸とキャップには戴冠式での伝統的衣装であり、彼女も着用したアーマン・ミントの柄を表した小さな点が散りばめられています。そしてクリップ上部にはテューダー朝のシンボルであり、イングランドの花紋章となったダブルローズがゴールド仕上げで装飾されています。なお、キャップの上部と尻軸には『罪深き魂の鏡』の表紙に刺しゅうされたエレガントな柄からインスピレーションを得た模様が施され、キャップリングには「Video et Taceo」(見ているが何も言わない)という、彼女の穏健主義的な政治観と外交への慎重なアプローチを象徴した標語が刻まれています。
このように贅を尽した装飾が施されたエリザベス1世4810は、持つ人の書斎を、さらには人生をも美しく、威厳のあるものへと高めてくれることでしょう。

文:有澤 隆 写真:猪又 直之

MONTBLANC(モンブラン)

アイテム:万年筆
シリーズ名:モンブラン特別限定品 パトロンシリーズ2010「エリザベス1世」
同軸素材:ブラックラッカー
ペン先:18K(エリザベス1世即位のときの黄金の王冠模様)
機能:コンバーター式
製造国:ドイツ
価格:29万850円

お問合せ:
モンブラン GBU ジャパン
TEL03-5214-4810

※この情報は、2010年5月26日(水)の情報です。