アクセサリー

10.07.30 UPDATE

英国製ブライドルレザーで作られた
小ぶりクラッチバッグがあるんです!

CORBO(コルボ)

ファッションにおいて注目されることのなかった小ぶりのクラッチバッグが、いまや鞄の売れ筋であるのは興味深いことです。最近の"楽ちん指向"の影響でしょうか、休日にあまり荷を持ち歩きたくないというニーズが高まり、結果、ちょっとした外出に必要最低限の荷のみが収まる、そうしたバッグの需要が増しているのでしょう。ご紹介のコルボも個性的なクラッチバッグを提案していますが、ことに写真のボックス・タイプは革好きの心にハマる注目作です。
1968年生まれのデザイナー、古瀬聡(さとる)氏が1998年に立ち上げたコルボは、ヨーロッパなどのトラディショナルな素材やデザインなどを駆使しつつ、モダンな感性や日本人の嗜好に適ったエッセンスを取り入れたバッグ&革小物を展開しています。そして、それはこの「ミニモシリーズ」のクラッチバッグも同様なのです。
「革好きの心にハマる」と先述しましたが、この新作、実は外装にブライドルレザーが使われているのです。しかも、これが1900年創業の名門J&E セジュウィック社の素材。つまりブライドルレザーの本場イギリスの伝統技術で製革された革なので、非常に堅牢でコシが強く、使い込むと色艶が深まり、しなやかにエイジングします。
また、デザイン面にも工夫が凝らされており、たとえば底板の長手を中央部分で細く曲線的にカットすることで、胴のボトムをつかんだ際に握りを良好なものに。また、インポケットをコンパートメントからスナップで取り外すことができるのですが、これはセパレートでの使用を可能するほか、コンパートメント内の修理に際し、手間を少なくし、工賃を抑えるための工夫なのだそうです。
容量も念入りに検討されたとのことですし、オンにもカジュアルにも振ることができるデザインがまた秀逸。もちろんバッグインバッグとしても有効です。ちなみに筆者がブライドルレザーのクラッチバッグを目の当たりにしたのは、これが初めて。少なくとも非常に珍しいはずで、この点も特筆に値すると思います。

文:山田 純貴 写真:猪又 直之

CORBO(コルボ)

アイテム:セカンドバッグ
コレクション名:MINIMO(ミニモ)
モデル番号:8ZD-8101
外装:ブライドルレザー(英J&E セジュウィック社製)
内装:ピッグスエード
ハードウェア:ニッケルバレル
収納部:メインコンパートメント1室(ドイツホック付きファスナー全開式。着脱式スナップポケット1室内蔵)
サイズ:W26×H18×D6.5cm
カラー:ブラック、ブラウン(写真)、ダークブラウン、ダークグリーンの4色展開
付属品:純正馬毛ブラシ
価格:3万7800円

お問合せ:
コルボ TEL.03-5770-3958
http://www.corbo.co.jp

※この情報は、2010年7月30日(金)の情報です。