CLOSE UP ACCESSORIES

CAZAL(カザール) カザール レジェンズ901
'80年代の傑作ティアドロップサングラスが復活!
カザールのエントリーモデルとしてもオススメです

カザール(1975年、独のオプティカ展でデビュー)といえばドイツの伝統的クラフツマンシップに根ざしながらも、そこにカリ・ツァローニ氏によって創造されるダイナミックな幾何学的スタイルやすこぶる大胆な装飾、意表をついたカラーリングなどを融合させた、上質かつアヴァンギャルドなアイウェアを展開するブランドというイメージがあります。近年、日本でも認知度が高まりつつありますが、実は、すでに“グラマラス”がトレンドの一翼だった'80年代、アメリカやヨーロッパのファッションを席巻。なかでも1982年デビューのサングラス「タルガ」シリーズは、ハリウッドで絶大な支持を得るなど多くのセレブらを魅了。時代を代表するファッションアイテムとなりました。
ところでこの数年、カザールは年1型のペースで、オリジナルを忠実復刻したモデルを発表してきましたが、このほど、新たに「カザール レジェンズ」なる復刻シリーズを投入。今年は、今も熱心に支持されている傑作モデルを再現した4型を展開します。

そこで、ここではその中から、今季のトレンドでもあるティアドロップタイプを取り上げました。オリジナルは前述の「タルガ」シリーズの1モデルとして1987年にリリースされており、ヒップホップ界のカリスマ、カニエ・ウエストや、日本ではシャネルズ(ラッツ&スター)の鈴木雅之らもご愛用。一見、カザールらしからぬオーソドックスなティアドロップですが、実はリムが縦横70mmという特大サイズであるのがポイントです。装着しますと、レンズが頬を覆うかのような大きさで、一般的なティアドロップに比し、よりセクシーで華やいだ表情に見せることができます。しかも、ブリッジの形状が個性的で、それがさりげない主張にも。汎用性の高いトラッドスタイルに立脚しつつも、ブランドのアイデンティティを失していないのは、さすがカザールであるなと思うのです。
ちなみに、写真はシックなマットブラックフレームのバージョンですが、他に清涼感あるホワイト、ラグジュアリーテイストのポリッシュドゴールド、アクティブでスポーティなレッド×ブラックもあり、それぞれに異なる持ち味で私たちを楽しませてくれます。

ところで「日本人の顔にはフィットしにくいのでは?」との疑念もあることでしょう。が、実はフロントのカーブは比較的緩やかですし、これに長めのフロントレングスや特大のノーズパッドなども相まって、典型的日本人顔である幅広&フラットな筆者の顔にもしっかりフィットしました。ですから、個性的なティアドロップをお探しの方にオススメなのはもちろんのこと、誰もが快適に使用できますから、カザールのエントリーモデルとしても安心して使えるかと思うのです。

CAZAL(カザール) カザール レジェンズ モデルCAZAL901 4万8300円 ※7月中旬入荷予定
素材/フロント合金、テンプル合金、サイズ/フロント全幅155mm、レンズ/CR39、
カラー(フレーム・レンズ) ブラック・ブラウングラデーション+ブラウン全面濃色、ホワイト・ブルーグラデーション+グレーグラデーション、ゴールド・ブラウングラデーション+ブラウン全面濃色、レッド×ブラック・グレーグラデーション+グレー全面濃色、製造国/ドイツ

問:エイトオプティク TEL.03-3834-6080 www.eight-optic.co.jp/
カザールの詳しい情報はコチラ
カザールレジェンズの詳しい情報はコチラ
カザールレジェンズはブティックBOQで購入できます

※この情報は、2011年6月13日の情報です。

 

文:山田 純貴 写真:猪又 直之