CLOSE UP ACCESSORIES

ラルコバレーノが新色は、表版はシックでも開けば、華やぎあるカジュアルイエロー!

2008年スタートの新進ブランドながら、すでに革小物のトレンドセッターと認知された観のあるラルコバレーノ。この「クローズアップ」でもご紹介ずみ(2010年4月13日アップデイト)ですが、今回はもっか最注目の2型を取り上げましょう。 最初は、このブランドの象徴モデルのひとつ、三つ折りミニウォレットです。薄さや軽さにこだわりをもつラルコバレーノですが、本品はそうした要素に加え、紙幣が収まり、コインポケットを備えつつ、たためば手の中に収まるサイズ感も大きな特徴です。

そんな傑作財布が今春リニューアル。その主な変更点は、以下のとおりです。 ①旧タイプは札室とコインポケットが一体構造だが、新タイプでは両者を個別に作った後に縫合するダブル構造に。これにより、形状の歪みが解消され、三つ折りのダブルスナップ&コインポケットのダブルスナップの噛み合せが向上。②ダブル構造の採用で、両パーツの縫合部に切符などが入るミニポケットが追加された。③折り部のテンションにゆとりをもたせたことで、札室の口開きが向上。紙幣の出し入れがよりスムーズに。④わずかにサイズアップ。これも紙幣の出し入れの円滑化&収納のゆとりに貢献。⑤札室内のカードポケット3室がひと続きだったのを、3室が互いに独立して札室内壁に縫合された構造に。結果、カードの出し入れがスムーズになり、見た目にもスッキリした。

もう1型は、新定番の二つ折りミニウォレット。この名のとおりコンパクトであるうえ、コインポケットを備えつつも非常に薄く軽いため、シャツの胸ポケットに入れてもシルエットに響かず、スマートに見せられるという重宝な財布です。また、そのコインポケットは、バイアス折りマチを十分に設けたことで快適に開口。しかも、そのマチにしっかり折りグセがつけられているので、閉じた際には非常に薄くなるのです。

しかし、筆者がこの財布を傑作と考えるのは、あおり構造を巧みに取り入れた斬新な設計にあります。まず、札室は2室設けられているのですが、その仕切りがあおり状になっているのが大変ユニークです。しかもコインポケット、およびカード段をその札室の前身頃に縫い付けず、それらもあおり状に。結果、札室を開いた際、驚くほど大きく開口。紙幣が実にスムーズに出し入れできるのです! これはなかなか素晴らしいアイディアで、実によく考え抜かれた構造であるなと大いに感心してしまいました。

両モデルとも、表版はもちろん、内造りやポケットライナーにまで高級イタリアンエンボスレザー「ミニフランジ」を惜しまず使用。オリジナルレシピによる光沢調の切り目にも色気が感じられて、これもまた、いかにもこのブランドらしいのです。ちなみに、写真では2型ともにチョコ×イエローの新色で紹介しています。ことに内造りに使われているイエローの「ミニフランジ」は、新開発による数量限定のレアカラー。華があり、女性からの好感度も高いイエローですが、本品ではちょっぴり渋めの発色にすることで子供っぽさを抑え、大人が持って違和感のないクラス感ある絶妙の色合いに。この絶妙な匙加減もまた、ラルコバレーノが多くの人たちに支持される“理由”なのでしょう。

L'ARCOBALENO(ラルコバレーノ)
アイテム:革小物2型
表版素材:伊VECCHIO TOSCANA(ヴェッキオ・トスカーナ)社製「MINI FRANZ(ミニフランジ)」エンボスレザー
内造り素材:同上
ポケットライナー:同上
製造国:イタリア

三つ折りミニウォレット(写真手前)
品番:392
機能:札室1室、コインポケット1室(箱マチ式)、カードポケット3室、チケットポケット1室、ウォレットコード取り付け用Dリング1個
サイズ:W10×H7.5cm
カラー(表版×内造り&ライナー):ブラック×グレー、チョコ×オレンジ、ネイビー×ホワイト、パープル×パープルのほか、限定色としてネイビー×イエロー、チョコ×イエロー(写真/新色)あり
価格:22,050円(税込み)

二つ折りミニウォレット(写真奥)
品番:404
機能:札室2室(うち1室はあおりポケットタイプ)、コインポケット1室(フラップタイプ)、カードポケット4室(うち1室は札室内にあり)
サイズ:W10.5×H7cm
カラー(表版×内造り&ライナー):ブラック×グレー、チョコ×オレンジ、ネイビー×ホワイト、パープル×パープルのほか、限定色としてネイビー×イエロー、チョコ×イエロー(写真/新色)あり
価格:22,050円(税込み)

購入はコチラ


お問い合わせ:エンメ TEL.03-6804-6148 http://emme.jp/
※この情報は、2011年10月19日の情報です。

 

文:山田 純貴 写真:猪又 直之