CLOSE UP ACCESSORIES

ミステリアスなマヤの遺産が一本の万年筆に

世界中の少数先住民族にスポットを当てたデルタの限定万年筆シリーズ「インディジナスピープルコレクション」に新作が登場しました。今回は古代史ファンにはとても興味深い、多くの謎を秘めたマヤ。マヤとはメキシコ南東部からグアマテラ周辺地域を指しますが、そこに暮らす人々、あるいはそこで栄えた古代文明をも含むことが多いようです。
マヤ族の歴史は紀元前1500年ごろまで遡ることができ、紀元前400年ごろには現在も残る数々の古代建築物が建設され始め、3世紀から9世紀に最盛期を迎えます。数ある遺産の中でも世界遺産になっているチチェン・イッツァはとくに有名です。また、天体観測に優れた彼らは現在の暦に近いマヤ暦を持っていたといわれていますが、その暦が2012年で終わるとされていたことから、それが世界の終末というミステリーも生まれました。
マヤ族は現在も独自の伝統文化を守っており、村ごとに異なったデザインの美しい民族衣装をまとっています。女性たちは赤や青のビビッドな色彩を用いた衣装で飾るため、市が立つ日などはまさに色彩の祭典となります。

今回、デルタから発売された「マヤ」は、ボディにマヤ族の衣装にも使われている独特のカラーリングをイメージした特注レジンを採用。天冠にマヤ暦を、クリップにはマヤ遺跡からも出土している陶器製のクレイ・フルートをあしらっています。そして胴軸のリングには陶器や伝統工芸に使われているパターンを用い、ペン先には神聖なマスク(仮面)をモチーフにしたデザインを施しています。なお、「マヤ」は800本の限定生産ですが、これはマヤ族が800もの異なった象形文字を持っていたとされることに因んでいます。
インディジナスピープルコレクションのコレクターはもとより、古代史ファンの人々、さらには個性的なペンを求めている人たちにもおすすめの「マヤ」。ぜひこの機会にお買い求めください。

DELTA(デルタ)
アイテム:万年筆
シリーズ名:INDIGENOUS PEAPLES COLLECTION 「Maya」(少数民族シリーズ「マヤ」)
胴軸素材:レジン/バーメイル
ペン先:18K
機能:ボタンフィラー式
サイズ:139mm(収納時)/167mm(筆記時)
製造国:イタリア
価格:11万5500円


お問い合わせ:ダイヤモンド TEL.03-3831-0469 http://www.a-diamond.co.jp
デルタの詳しい情報はこちら
※この情報は、2011年10月27日の情報です。

 

文:有澤 隆 写真:猪又 直之