メンズシューズ

08.06.06 UPDATE

一見、普通のスエードチャッカですが、
実はこれ、ゴルフシューズなのです!

 ゴルフシューズというと、そのほとんどはスニーカー・タイプ。スポーツブランドの製品は、ことに人気です。また、お洒落心あるこだわり派の中にはツートンのサドルシューズやウイングチップにキルトを付けて、といった伝統的なタイプを愛用する人もいらっしゃることでしょう。ただ、いずれにしてもゴルフシューズのデザインは結構限られていて、したがって、ときにはコーディネートのうえで足元にのみ違和感が生じてしまうことが少なくありません。
 では、写真のチャッカブーツなどはいかがでしょうか?一見、ごくベーシックなスエードのチャッカなのですが、引っ繰り返してみれば本格的なゴルフ用スパイクソールが採用されていることがわかります。
 それにしてもゴルフ用のチャッカブーツとはユニークです。しかも、このモデルを展開しているアジャスタブルというブランドには、この他にもUチップダービーとかUチップダブルモンク、デッキシューズ風など、街中ではごく当たり前に目にするものの、グリーンでは普通見ることのないトラッドデザインのゴルフシューズがラインアップされているのです!
 アジャスタブルは今年(2008年)5月、東京・代官山の直営店「アジャスタブル代官山」のオープンとともにスタートしたばかりのゴルフシューズ専門のブランドです。そしてこのブランドを展開している鳶(とび)ビーエルシー(2004年設立)の親会社は、靴やアパレルなどのブランディングに取り組む鳶というプランニング会社(2000年設立)なのです。そして実は、この会社の最初の事業は、現在の三陽山長の前身であり、いまや日本の靴史上におけるレジェンドとなった山長印靴本舗(2000年スタート)の企画・運営だったのです!つまりアジャスタブルは紳士靴について熟知し、さまざまな靴を企画・開発している会社のオリジナルブランドということになるのですが、では、なにゆえにゴルフシューズなのかといえば、それは同社社長でゴルフ愛好家の岡本昭氏の「紳士のスポーツであるゴルフにオーセンティックなデザインのゴルフシューズを提案したい」との思いによるものなのです。たとえば、昨今のゴルフファッションのトレンドであるトラディショナルなスタイルを決めてみても靴だけがアスリート系、といったコーディネートは「正直きつい」。と、そう実感した岡本氏による、これは"新しいゴルフファッションの提案"というわけです。ちなみに製靴は1974年以来、ゴルフシューズの企画・製造に取り組んでいる靴メーカー、コバヤシゴルフ(創業1951年)が担当。同社の越谷工場で生産されています。
 ところでこのチャッカブーツ、注目すべきはデザインばかりではありません。
例えば、インソールに独自開発による「スリークッション」を取り入れているのですが、これはこの名のとおり、側骨部、内踏まず、かかとの3カ所にクッションが内蔵されたインソックライナーです。また、タングや履き口まわりにもクッションを導入。いずれもプレー中に負荷のかかる部位をソフトな当たりにする工夫なのです。また、ゴルフではショットなどの際、足指を靴中にしっかり"噛ませる"必要があることから、インソールのつま先部分をメッシュなどして、足指に食いつきやすくしてもいます。
 さらに、先芯やヒールカウンターにはスポーツ用の強度の強い素材を、ソールには通常の靴に使われる接着剤に比して剥離強度が約1.7倍という高強度の接着剤を使用。しかもこの接着剤、単に引っ張りに対してのみならず、湿気にも強いため、たとえば雨や汗などの湿気でソールが剥がれてしまうといったトラブルも起こりにくいのです。
 本底に5カ所、ヒールのトップリフトに3カ所設けられたスパイクを取り外し、そこに「ストリーチキャップ」なるドーム形のラグを装着することで街履き靴にできるというシステムもユニークです。専用の工具(希望者のみに付属)を使えば誰でも簡単に交換できるので、ゴルフ場や練習場の往復にこの靴を履くこともできるわけです。
 と、このように見た目のシンプルさとは異なり、さまざまな機能が盛り込まれた、このチャッカブーツ。幅広いコーディネートにマッチする汎用性の広さ、飽きの来ない定番のデザインとフォルム、コンフォタブルな履き心地、優れた耐久性などお洒落を心得るゴルファーならぜひ末長く愛用したい、これは傑作ゴルフシューズなのです。ちなみにアジャスタブル代官山では、このモデルを含む同ブランドの靴の購入者を対象に、その愛用靴を保管する無料サービスを行っているとか。しかも預けておけば、その間にケアまでしてくれるというのですから、これはとても嬉しい特典なのです。

文:山田 純貴 写真:平野 多聞

真横から見ると、ソールが一部、2層(コバのツートン部分)であることがわかる。これはプレイ中に大きな負荷がかかる部分の破損を防ぐため、そこに特に念入りな補強を施していることの表れだ。

ボリューム感ほどほどのベーシックなプロポーションなので、合わせるパンツの裾幅を選ばない。例えば、今季流行のネオ・アメリカンカジュアルのコーディネイトにも違和感なくマッチするはずだ。

「スリークッション」インソールは側骨部、内踏まず、かかと部の3カ所にジェルなどのクッションを内蔵。さらに履き口まわりやタングにもクッションを取り入れて足首や甲への負担を軽減している。

写真上/クラウン形のスパイクが装着されたゴルフソール。下/専用工具を使ってスパイクを取り外し、そこに「ストリートキャップ」なるドーム形のラグを装着すれば、街履き仕様のソールに。

ADJUSTABLE(アジャスタブル)

アイテム:ゴルフ用チャッカブーツ
製法:セメンテッド
アッパー:カーフスエード ※今後、英チャールズ・F.ステッド社製カーフスエードを採用予定
ソール:オリジナル・ラバーゴルフソール
カラー:ベージュ、タバコ(写真)、ダークブラウンの3色展開 ※他に同型・同価格で日本製ボックスカーフ製のブラック、ライトブラウンもあり
その他:オリジナル「スリークッション」インソックライナー採用
付属品:交換用ソールラグ「ストリートキャップ」一式 ※希望者にはラグ交換用工具も付属可
製造会社:コバヤシゴルフ(本社東京)
価格:4万4100円

お問い合わせ:

アジャスタブル代官山
TEL.03-5458-6422