メンズシューズ

08.07.12 UPDATE

控えめサイドバックルで男の"粋"を主張するトッズの新作スリッポン

 近年は鞄やベルト、革小物、レザーアクセサリー、レザーステーショナリーなども展開していますが、ミドルエイジの男にとり、トッズといえばラバー・ペブル(ゴム突起)付きソールが採用されたドライビングモカシンの元祖というイメージが強いのです。実際、この「ゴンミーニ」と呼ばれるモカシンソールは他社の模倣を誘い、あまたのコピー商品を生み出してしまったほどの、靴史おける大傑作ソールといえましょう。
 トッズの誕生は30年近く前の1979年のこと。20世紀初め頃に伊マルケ州カゼッテ・デテで靴工房を開いたフィリッポ・デッラ・ヴァッレ氏から数えて3代目に当たる現会長兼CEOのディエゴ・デッラ・ヴァッレ氏が、自社開発した「ゴンミーニ」ソールのハンドメイド・モカシンを売り出したときが、このブランドの始まりです。その際「世界中の人々に同じように発音され、記憶される名」として同氏が考案したのが、この「TOD'S」という何とも絶妙なブランド名だったのです。
 絶妙といえば、その「ゴンミーニ・モカシン」の履き心地です。「手袋のように優しく足を包み込むしなやかさ」「ソフトな反(かえ)り」「軽快な着地や蹴り出し」などを可能にしたそれらは、美しい革の発色の魅力と相まって着実に人気を広げ、各国のセレブたちを魅了していきました。なかでもフィアット・グループの元総帥でイタリア随一の伊達男でもあった故ジャンニ・アリエッリ氏(2003年没)は大変熱心な愛用者で、トッズの知名度を高めるに少なからぬ貢献をしたばかりか、2001年にはトッズ×フェラーリのコラボレーションも実現させています。
 ところでトッズの定番中の定番アイテムである「ゴンミーニ」ですが、実は毎シーズン、新たな素材やデザインのバリエーションが加わり、多彩に展開されています。写真でご紹介のスリッポンは、前シーズンにスタートした「ニュー ゴンミーニ 122」(その名のとおり、ラバー・ペブルの数が122個のモカシンソールが採用されています)にカテゴライズされる、今シーズンのニューモデル。その最大の特徴はローファー・タイプのデザインでありながら、アッパーのアウトサイドに飾りのストラップ&バックルが備わっている点でしょう。これは今シーズン、同ブランドが提案しているもので、他のスリッポンやブーツなどにも盛んに採用されています。聞けば、ヴァッレ会長自身が過ごす休日のラグジュアリーなライフスタイルから生まれたデザインとのことですが、ストラップもバックルも小ぶりですし、後者はブラック仕上げになっているため、その印象はあくまで控えめ。これみよがしに存在を主張しているわけではないけれど、お洒落に敏感な人に対してさりげなく"粋"を示すことができるのです。
もちろん、この靴の魅力はそればかりではありません。例えばアッパーのカーフ。肌目のキメが細かい、この上質な革が靴全体をドレスシューズのような佇まいに見せています。しかも芯がしっかりしているのにしなやかで、足にソフトに馴染んでくれます。
 セミスクエアトゥで、トゥから甲に至るトウボックスが低く押さえ込まれたスポーティでスタイリッシュなフォルムにより、アメカジの定番であるローファーというデザインでありながら、ヨーロッパ的なきれいめな着こなしにも違和感なくマッチするというのも特徴。また、先進的でありながら伝統も重んじるトッズらしく、革の選択や裁断、仕上げ縫製、成型、ポリッシングなどは職人による手仕事が堅持されており、Uモカやビーフロール(甲ベルト、モカ両端、ヴァンプを強固に縫合するハンドステッチのこと)もなかなか味わいがあります。
 ちなみに秋冬モデルとはいえ、春夏の使用ももちろんOK。実際、アンラインド仕様なので、例えばトレンドの白パンやハーフパンツなどに合わせて素足履きで、といったマリンスタイルにもよく合います。いっぽう、ジャケットスタイルなどカジュアルダウンなビジネススタイルにも好マッチするなど、コーディネートでの汎用性は広そうですし、もちろんドライビングの足元にもお薦めです。この秋冬もスリッポン人気が続きそうですが、そうした中、他社製とはひと味もふた味も違う、この「ニュー ゴンミーニ 122」のスリッポンでさりげなく粋を装い、人と差をつけてみてください。

文:山田 純貴 写真:平野 多聞

アウトサイドのストラップ、およびピンバックル&ブリッジのメタルパーツは小ぶりであるうえ、そのメタルパーツにブラック仕上げが施されているため、その存在はあくまで控えめで品がある。

(写真右)ハンドソーンによるモカ、およびビーフロールが品ある素材感のカーフと相まり、靴全体のクラス感を高めている。ちなみに靴中には素足にも足当たりソフトなアンラインド仕様が採用されている。(写真左)122個ものラバー・ペブルがはめ込まれた一枚革のモカシンソール「ニュー ゴンミーニ 122」。ドライビング対応ゆえ、ヒールまわりはアクセルワークをスムーズにするオパンケ仕様になっている。

TOD'S(トッズ)

アイテム:サイドストラップ&サイドバックルローファー
品番:XXM0GW06330WS0B999
商品名:NEW GOMMINI 122(ニュー ゴンミーニ 122)
製法:モカシン
アッパー:カーフ
ライニング:アンラインド仕様
価格:4万4100円

お問い合わせ:

トッズ・ジャパン TEL.0120-102-578
http://www.tods.com/