メンズシューズ

09.01.20 UPDATE

見る者を圧倒する独創美でラグジュアリーを主張する"靴の宝石"

SERGIO ROSSI(セルジオ・ロッシ)

本サイトでは今回が初登場となるセルジオ・ロッシをご紹介します。
セルジオ・ロッシは1960年代にエミリア・ロマーニャ州東部ロマーニャ地方にあるサン・マウロ・パスコリにて、靴職人セルジオ・ロッシ氏によって設立されました。生家が靴店で、父親が優れた靴職人だったことから、同氏は幼い頃から靴づくりの道具に親しみ、自然と職人魂を身につけたようです。1960年代末頃になると、ロッシ氏はレディスファッションに強い興味をもつようになり、世界的なファッションブランドの靴の製作に関わるように。同氏の才能はデザイナーたちの要求に応えるだけに留まらず、本質をとらえる理解力、トレンドを見極めて来たるべきファッションを予測する洞察力、そして類い稀なる表現力により、トップデザイナーたちからの信頼を獲得していきました。そしてロッシ氏が手掛けた華やかな靴たちが、レッドカーペットの上を歩くセレブリティたちの足元を美しく飾っていったのです。
1980年代を迎える頃になるとセルジオ・ロッシはブランドとしての力をたくわえ、レディスシューズのみならずメンズシューズやバッグも手掛けるように。また、ヨーロッパの主要都市に直営店もオープンさせ、1990年代に入るとアメリカや日本にも進出。ヨーロッパ感覚にあふれ、あでやかでセクシーで、しかもハイクオリティで履き心地に優れたセルジオ・ロッシの靴は多くの人々を魅了し、ブランドは世界のファッションをリードするビッグネームへと成長。1999年にはグッチ グループに加わり、現在では、セルジオ・ロッシの靴に対する熱い思いを受け継いだデザイナー達により、イタリアを代表するラグジュアリーブランドとしての地位を確固たるものにしています。
ところで、上記からもわかるとおり、セルジオ・ロッシはレディスシューズからスタートしたので、現状、ここ日本ではメンズのコレクションはレディスに比し認知度という点ではまだこれからといった印象があります。しかし、職人の手仕事に裏打ちされた伝統的靴製法に最新技術を巧みに組み合わせて作られるセルジオ・ロッシの靴は、他社のメンズシューズにはない独創的なものであり、その魅力は唯一無比のものと言えるのです。
写真の「パテントレザーモカシン」をご覧ください。一見すると、ごくシンプルでクラシックなヴァンプシューズですが、よく見れば、その素材感とカラーは他に類のないものであることがわかります。ことに注目はアッパーで、商品名が示すように、それはパテントレザーであるわけですが、じつは透明なエナメルの奥にヘアラインのようなストロー(藁)パターンが見てとれるのです。これはカーフヌバックにこのパターンをプリントし、赤みを帯びた茶の染料で染色したのち、そこにエナメルを塗布して仕上げた素材とのこと。まるで宝石のような深みのある輝きと、美しいグラデーションのように映し出される陰影から受ける印象は神秘的でさえあるのです。しかもトップラインやタングのエッジにはシルクサテンがトリミングされており、これがこの靴をさらにエレガントに見せています。
しかし、素材やデザインの独創性のみがこの靴の魅力ではありません。靴底側から見るとよく分かるのですが、つま先が内側に振られた、いわゆる内振りの木型が採用されているのです。これは人の足形に適ったコンフォタブルな形状。靴で最も重要な履き心地を決してなおざりにしていないところに、名門シューメーカーの真骨頂を実感するのです。
ちなみにセルジオ・ロッシではシーズンを問わず、こうしたパテントレザーの靴が人気とのこと。とはいえ「ちょっと派手では?」と躊躇される方も多々いらっしゃることでしょう。しかし、カジュアルに履きこなすのも最近のトレンドではありますが、例えばパーティシーンなどでこの靴を履けば、品のよい華やぎを足元に演出することができるはずです。もちろん、所有することの歓びも十分に満たしてくれる、そんな美しさも大きな魅力であることはいうまでもありません。これまさに逸品と呼ぶに値する1足といえるのです。

文:山田 純貴 写真:笠井 修

セミロングノーズのトゥをこうして真横から見ると、そのシルエットに独特の丸みがあり、また、トゥから一の甲に至るトゥボックスがフラットであることがわかる。繊細で、大変優美なシルエットだ。

(写真左)アッパーのカラーに合わせ、レザーライニングにも赤みのあるブラウンに。(写真右)やはりアッパーに同調したカラーが施されたレザーソール。内振りで、ウエストも細く絞られていることがわかる。

エナメルによる繊細で奥行きある光沢と、ノーブルな印象のレディッシュブラウンの中で浮き上がるストローパターン。この美しさは全く個性的なもので、一般的なパテントレザーとは一線を画している。

SERGIO ROSSI(セルジオ・ロッシ)

アイテム:ヴァンプシューズ
モデル名:パテントレザーモカシン
製法:マッケイ
アッパー:カーフヌバックにプリント加工&エナメル仕上げ(トップライン、およびタングのエッジはシルクサテンでトリミング)
ソール:5mm厚シングルレザーソール
カラー:レディッシュブラウン
製造国:イタリア
価格:8万8200円

お問い合わせ:

グッチ グループ ジャパン セルジオ・ロッシ ディビジョン
TEL.0570-016600
http://www.sergiorossi.com