メンズシューズ

09.04.17 UPDATE

ひと味違うデッキシューズをお探しなら、このサンダースがいち押しです!

SANDER’S(サンダース)

日本でもようやく、その名が知られるようになった英国靴の名門サンダースのユニークな新作を紹介します。1873年にウィリアムとトーマスのサンダース兄弟により、ノーサンプトンシャー州ラシュデンに設立されたサンダース&サンダース社は名だたるブランドのOEMを多数手掛けてきたのですが、近年、オリジナルにもより注力し、クラシックなグッドイヤー靴ながら、軽快でコンフォタブルな実用靴を数多く展開しています。現在、本国など30カ国以上で販売され、日本でも一昨年秋に本格上陸を果たしました。そのサンダースは英国国防省(Ministry of Defence=MOD。英国軍を指揮する国防政策統括機関)のオフィサーシューズのほとんどを生産してきたことでも知られています。そして写真のモデルは、そのオフィサーシューズのうちの甲板上の正装シューズをベースに、それを街履き向けにアレンジした日本限定品なのです。アッパーが革ではなくコットンで、しかもアンラインド(ライニングが施されない仕様のこと。ただし本品の場合、補強のため、アッパーのコットンにはラミネート加工がされています)であるのは、海水などにさらされても革より支障が少ないなどの理由によるものです。ちなみに、この生地はサンダースがMODの要望でストックしているもので、風合いに品があり、良質なコットンと見受けました。また、木型もMOD用ものを採用。トラッドなラウンドトゥながら英国靴によく見る膨らみはなく、削ぎ落とされたかのようにスッと伸びたシルエットがショートノーズながら小粋です。履き心地はといえば、グッドイヤー靴とは思えぬ軽さ。レンガカラーのラバーソールも非常にソフトなのです。今季はデッキシューズが一大トレンドです。が、その主流はモカシンタイプ。本品もデッキシューズではありますが、そうしたモカシン系とはひと味もふた味も違う佇まいが魅力的です。人とはちょっと違う休日の旬靴をお探しなら、本品はその最右翼なのではないでしょうか。

文:山田 純貴 写真:平野 多聞

MODのオフィサーシューズ用にストックされている生地を使用。写真のホワイトのほか、ブラックもあり、ともにエレガントな風合いが魅力だ。

SANDER’S(サンダース)

アイテム:プレーントゥダービーシューズ
モデル名:DERBY UNLINED(ダービー アンラインド)
品番:8465
製法:グッドイヤーウェルテッド(オールアラウンドアウトステッチ仕様)
アッパー:コットン
ライナー:アンラインド
ソール:ラバー製レンガソール
カラー:ブラック、ホワイトの2色展開
製造国:イギリス
備考:日本限定モデル
価格:2万9400円

お問い合わせ:

グラストンベリーショールーム
TEL.03-5428-4877