メンズシューズ

09.08.07 UPDATE

サッカーシューズの名門によるラグジュアリー&ノスタルジックな大人スニーカー

PANTOFOLA D’ORO(パントフォラ・ドーロ)

たしか、数年前に本コーナーで取り上げたことがあるラグジュアリーなスポーツ&カジュアルシューズのブランド、パントフォラ・ドーロですが、今回、改めてご紹介したいと思います。
このブランドの歴史は、1886年にイタリアのアスコリ・ピーチェという町に開設された靴修理工房から始まりました。1950年代に入り、エミディオ・ラッザリーニ氏が父親から引き継いだ会社をイタリア屈指のスポーツシューズメーカーへと成長させます。実は同氏はレスリング愛好家でもあったようで、常日頃から既存のレスリングブーツに不満を抱いていたことから、自分にとって理想の1足を製作したのでした。そして、その非常に柔らかく、快適な履き心地が話題となり、ほどなく他の多くのレスラーから注文が舞い込むように。こうしてスポーツシューズの分野に参入すると、エミディオ氏は地元サッカーチームのA.S.アスコリのためにフットボールシューズを開発。やがて同チームのみならず、欧州各国のプロプレイヤーたちがラッザリーニ氏の顧客になったのです。'50年代に活躍したユベントスの伝説的プレイヤー、ジョン・チャールズ氏もそのひとりで、彼が「これはスパイクじゃない。黄金のスリッパ(Pantofola d'Oro)だ」と称賛した、その言葉が現在のブランド名の由来となりました。現在、アスリート向けの本格的なフットボールシューズを作るかたわら、そのノウハウを活かした大人のためのラグジュアリーなタウンシューズも展開。ことにノスタルジックな佇まいのスニーカーはクラシック・タイプのスポーツシューズが人気を博した数年前、そのブームの火付け役にもなったのです。
さて、写真はその人気モデル「1940 アナトミカ」のうち、アッパーに大変印象的なミラー仕上げのレザーを採用したラグジュアリーなバージョンです。細身で丸みのある、このクラシカルなフォルムは、まさにこのブランドを象徴するものです。また、街履き仕様ながら、ラバースタッドが設けられた本底を見ますと、これがフットボールシューズのスパイクソールをベースにしたものであることがわかります。さらに注目すべきは着脱可能なインソックライナー。これには、世界有数の抗菌処理専門企業であるスイス・サニタイズド社が開発した抗菌・防カビ・防臭加工「サニタイズAg加工処理」がなされているので、汗などを吸ってもニオイが出にくく、常に清潔に保つことができるのです。
正直、高価ではあるのですが、ご覧のとおり、ミラー加工が施されたその外観には他のスニーカーにはない美しさと華やぎがあります。ですから街履きにはもちろんですが、エレガントであるうえ、足元のラグジュアリーなアクセントにもなることから、たとえばカジュアルなパーティの1足にしてもよいのではないでしょうか。

文:山田 純貴 写真:新城 孝

クラシックなこのフットボール用スパイクソールは、アウトステッチが施されたレザー製の本底に真鍮ネイルを打ち込んでレザーチップを取り付けたもの。要所にラバースタッドも取り付けられている。

PANTOFOLA D’ORO(パントフォラ・ドーロ)

アイテム:スニーカー
モデル名:1940 ANATOMICA(1940 アナトミカ)
モデル番号:AN23
アッパー:ミラー仕上げレザー
ソール:ラバースタッド付きレザーソール(オープントラック仕立て)
カップインソール:レザー×ウレタン製 ※SANITIZED(サニタイズ社製)抗菌加工処理
カラー:アントラサイト(写真)、スチールの2色展開
価格:7万3500円
※素材の異なる同型(品番:AN20〜22、及びAN24〜25)もあり(8色展開)

お問い合わせ:

スタートポートジャパン
TEL.03-5541-9181
http://pantofoladoro.it/

※この情報は、2009年8月7日の情報です。