メンズシューズ

09.10.08 UPDATE

もっか最注目のラグジュアリーブランドが
今季、初のシューズを本格展開です!

BRUNELLO CUCINELLI(ブルネロ クチネリ)

昨秋以降の世界的大不況によって多くのラグジュアリーファッションブランドが苦戦を強いられるなか、ブルネロ クチネリ(1953年、イタリア中部ウンブリア州ペルージャ生まれのブルネロ・クチネリ氏により、1978年、ペルージャ近郊フェロ・ディ・カヴァロにてカシミア製品ブランドとして設立)は、なんと順調に売上げを伸ばしているのだそうです。レディス、メンズを問わず、いまやトレンドセッターとして多大な影響力をもつまでになった、その人気の理由とは? 日本の輸入販売元ウールン商会にうかがったところ「従来から掲げてきた"スポーティシック"なるコンセプトが、今の時代に合致したからでは?」とのこと。ブルネロ クチネリの服には「スポーティなカジュアル」「エレガント」「リラックス感」「ブランドを主張しすぎない」といったイメージがありますが、たしかに考えてみますと、これらはいずれも今という時代を象徴するキーワードでもあると気づき、このブランドが時代の申し子のように思えてくるのです。
さて、そのもっか最強の旬ブランドが今季、初のオリジナルシューズを本格展開することに。写真はその1モデルで、外羽根式のウイングチップです。ブリティッシュカントリーシューズを思わせますが、クロージングと同様、イタリア生産にこだわったもので、見た目に反して英国靴のような重々しさはなく、ワークテイストのコマンド系ソール(グリップ力に富む!)ながら驚くほど軽量で反(かえ)りのいいビブラムの「ウルトラライトソール」を採用し、履き心地軽快な1足に仕上げられています。ちなみに5色展開なのですが、写真のタイプではベージュのカーフスエードにバフィング加工などを施し、すでに履き込んだかのような色ムラが表現されており、それも大きな魅力に。加えて、タングやインソックライナー(中敷き)がネイビーのコットンがトリミングされており、これがこの靴全体を控えめスポーティなものにも見せているのです。
と、こうして検証してみますと、この靴の「ラウンドトゥのボリューム感あるフォルム」「ブローギング(メダリオンなどの穴飾りのこと)」「外羽根」「スエード」「明るめ色」「軽快さ」「リラックス感」「スポーティ」といった個性が、いずれも今季のトレンドであることに気づき、さすがはブルネロクチネリと感心してしまいました。
もちろん、このブランドの服に合わせれば理想のコーディネートがキメられますし、装いにちょっとトレンド感を取り入れたいという場合にも効果的。男らしさたっぷりのブローグシューズに魅かれつつも「重い靴はちょっと」という方にもお薦めできます。さらに「大人がクラシックを身につけると年齢以上に見えがちだが、スポーティやカジュアルを取り入れると逆に若く見える」とのクチネリ氏の言にしたがい、若返りを図りたいという方にもこの靴は非常に"有効"なのではないでしょうか。

文:山田 純貴 写真:猪又 直之

BRUNELLO CUCINELLI(ブルネロ クチネリ)

アイテム:ブローギングウィングチップシューズ
アッパー:イタリアンスエード(バフィング加工仕上げ) ※タングはコットンでトリミング
ライニング:総革張り ※インソックライナーはコットンでトリミング
ソール:伊ビブラム社製「ウルトラライトソール」
カラー:カーフスエードのベージュ・ブラウン・アンティクベージュ(写真)、カーフヌバックのアンティークブラウン、スムースカーフのバーガンディブラウンの全5色展開
付属品:交換用シューレース1セット
製造国:イタリア
価格:12万6000円

お問い合わせ:

ウールン商会
TEL.03-5771-3513
http://www.woollen.co.jp
http://www.brunellocucinelli.it/

※この情報は、2009年10月8日の情報です。