メンズシューズ

09.11.27 UPDATE

ミドルエイジも抵抗なく履きこなせる
ワークブーツをお探しなら、こちらがお薦めです

N.D.C.(エヌ・ディー・シー)

この秋冬もワークシューズ人気が続いています。しかし、これは筆者が以前から感じていることですが、この系統の靴は、たとえ若者たちの間でどれだけ流行ろうとも、私たちミドルエイジにはいまひとつ食いつきが悪いのです。元来が労働者向けの靴ゆえに履く人の年齢を問わないワークシューズも、タウンカジュアルに取り込まれると、その無骨さゆえか若者向けに見えてしまい、ミドルエイジは敬遠せざるを得なくなるからなのです。
では、このエヌ・ディー・シーのレースアップブーツならいかがでしょうか? クラシカルなアメリカンワークブーツをベースにしつつも、より洗練されたフォルムとし、繊細な素材を使うなどして非常にモダンな印象のブーツに仕上げられています。当然ながら本格的なワークシューズではないものの、これなら大人のカジュアルに抵抗なく取り入れることができそうです。
エヌ・ディー・シーは高級靴の世界では珍しいベルギーのブランドで、そのブランド名はフランス語のnom de code'(「コードネーム」の意)の頭文字からとられています。ロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アートを卒業後、ファッション&テキスタイルのデザイナーとして、またフットウェアブランドなどのコンサルタントとして活躍していたエンリケ・コルビー氏と、シューズメーカーの家系に生まれ、そこでマーケティングマネージャーを担当するなどしていたアルノー・ザニエール氏のふたりによって2001年に創設されました。2004年には日本での展開も始まり、現在はメンズ、レディの靴のみならずバッグや革小物なども展開。歴史の浅いブランドながら、幅広く多彩なアイテムで人気を博しています。
ところでエヌ・ディー・シーが手掛けるプロダクツの特長は、クラシックベースながらも、そこにトレンドを先取りした加工やディテールなどを取り込むことで独自のモダニズムを表現している点にあるといえます。たとえば革にシルクプリントを施したうえで洗いをかけるとか、アンティーク調レザーにサテン調のメタリック素材を吹き付けたりと、思いもよらぬ加工素材を使い、靴などのレザーアイテムの世界に新境地をもたらしているのです。
写真のレースアップブーツ「シャイアー」からも、そうしたブランドの姿勢をうかがうことができます。トラッドなアメリカンワークブーツを範にしつつ、新開発による細くスタイリッシュな木型を使用。これに、ベジタブル&オイルなめしの後、アイロン加工や磨き加工などを施したトスカーナ産カーフスエードのアッパーを組み合わせ、大変エレガントな1足にしているのです。とはいえ、トゥにクリームを入れてヴィンテージ調を控えめに表現したり、グリップ力に優れたタンク調パターンのラバーソールを採用したりと、ワーク的エッセンスもしっかり導入。本格ワークシューズとの、乖離し過ぎないこの"距離感"がなんとも絶妙といえましょう。ちなみに本底は、底前のみがそのラバーソールで、ウエスト部分は細く立体的に絞り込まれたレザーとなっており、この靴が優れた製法技術で作られていることを、このコンビネーションソールから見てとることも可能です。
ところで、このブランドのインポーターであるジャック・オブ・オール・トレーズでは「古着やアメカジというよりは、あえてヨーロッパ調のきれいめな着こなしにワークを取り入れるときの1足に」と提案。そういえば、この秋冬のファッショントレンドではアメリカンからブリティッシュやフレンチなどへのゆるやかなシフト傾向もうかがえますから、その意味でこの靴は旬な立ち位置にいるのかもしれません。とはいえ、ミドルエイジとしてはそうしたトレンドとは別に、この靴を"大人が履けるワークシューズ"として末長く履きこなしてみたいと思うのです。

文:山田 純貴 写真:猪又 直之

ラバー×レザーのコンビソールを採用。ベヴェルドウエストのように細く、立体的なウエストから、この靴のクオリティの高さがうかがえる。ちなみにタンク型のソール&トップリフトはポルトガルにある現存するヨーロッパ最古のラバーソールメーカーに製作させたものだとか。

N.D.C.(エヌ・ディー・シー)

アイテム:レースアップブーツ
モデル名:SHIRE R(シャイアー)
製法:ブラックラピド
アッパー:伊トスカーナ産ベジタブルタンニンオイルドカーフスエード
ソール&ヒール:オリジナルピュアラバーソール(ポルトガル製) ※ウエスト部のみレザー製
カラー:グレージュのみ ※同型・同価格で素材違いの別カラーもあり
価格:6万6150円

お問い合わせ:

ジャック・オブ・オール・トレーズ
TEL.03-3401-5001
http://jackofalltrades.jp
http://www.ndcmadebyhand.com/

※この情報は、2009年11月27日の情報です。