メンズシューズ

09.12.18 UPDATE

このドレスとカジュアルの絶妙ミクスチャーが
大人の装いを品よく格上げしてくれるのです

YOSHIHARU HASEGAWA(ヨシハル ハセガワ)

ビジネススタイルのカジュアル化が進んでいます。実際、この不況も重なり、スーツの売り上げは芳しくなく、いっぽう、カジュアルなジャケットなどはよく売れているという話もしばしば耳にするのです。
この傾向は靴にも当てはまり、ドレッシーなストレートチップなどよりも、ややボリューム感あるフォルムのスエードブーツとかブローグシューズなどが人気を博しているというのです。ブルネロ クチネリのスエードウイングチップが時代の寵児に祭り上げられたり、トリッカーズのカントリーブーツの人気が再燃しているのも、こうしたトレンドのあらわれといえるのではないでしょうか。
しかし、ミドルエイジの目線からそれらの靴を俯瞰しますと、少々カジュアルすぎるように映るのも確か。ジャケットスタイルにマッチしつつも、もう少しドレス寄りに見えるなら大人の足元にもちょうどいい塩梅になるのになどと思うものの、そうした靴になかなか出会えないというのが実際のところです。
そこでオススメなのがヨシハル ハセガワです。
主宰者であり、企画・デザインやサンプルシューズの製作を手掛ける若きシュークリエイター長谷川良治さんの人となりについては本サイトの人気コーナー「竹川 圭のshoe人十色」に詳しいので、ぜひそちらをご覧いただくとして、ここでは代表作のひとつであるフルブローグブーツ(写真)を例にとり、「トリッカーズよりドレッシーに、エドワード グリーンよりはカジュアルに」なるモットーを貫くこのブランドの魅力について触れてみたいと思うのです。
ロンドンで製靴技術の修行を積んだ長谷川さんだけに、このブーツも、その佇まいから英国の伝統的なドレスシューズをデザインベースにしていることがわかります。とはいえ、ポッコリとしたエッグトウや甲高で丸みのあるシルエットなどはちょっぴりカントリーフレーバーで、そのバランスがなんとも独特。すなわち、トリッカーズのカントリーブーツほど無骨ではなく、エドワード グリーンに代表される英国トラッドの靴ほどドレッシーすぎてもいないという絶妙バランスで、まさに前述したモットーどおりの靴に仕上がっているわけなのです。
とはいえ、単純に「トリッカーズ+グリーン=ヨシハル ハセガワ」というわけではありません。すなわち、長谷川さんらしいこだわりが随所に施されているのも注目ポイントなのです。たとえば、アッパーに切り替えを多用し、内羽根にはスワンネック状のラインを取り入れてエレガンスを主張。その羽根の付け根を補強するカンヌキをあえて赤糸でクロスがけにしたうえ、それに呼応させるかのように、そのすぐ前のパーフォレーション&ステッチもクロスデザインとし、それらをこの靴の効果的なアイコンに見せている点などはなかなかにユニークといえるでしょう。また、靴底を見れば、ビスポークを彷彿させるようにウエストがフィドルバック(踏まず部分を細く絞り上げ、さらにそのウエスト部分を立体的に仕上げる手の込んだ仕立てのこと)になっており、つま先部分やヒールリフトには補強のため、多数のネイル(真鍮クギ)が打ち込まれています。ちなみに、そのネイルで半カラスを模したデザインが描かれているのは長谷川さんの遊び心によるものです。
ステッチやパーフォレーション、ピンキング(革の切り替え部分に施されたギザ飾り)などを見ますと、それらも大変美しく、破綻がないことがわかります。カジュアルながら、この靴全体にある種の品格が醸し出されているのは、こうした高い製靴技術に裏打ちされた秀逸な仕立てや仕上げによるものなのでしょう。ヨシハル ハセガワの製品は国内の工場で製作されているとのことですが、このブーツを眺めるにつけ、メイド・イン・ジャパンの利点を実感することができます。
事程左様に、ビジネスの着こなしにほどよく、かつ品よくカジュアルを取り入れたいとお考えの方々にとり、ヨシハル ハセガワはまさにもってこいの1足となるのではないでしょうか。長谷川さん曰く「トラッドなデザインの枠を出ないギリギリのところで個性を表現した」とのことですが、そうした、あえて抑制されたカジュアル感や個性こそが大人の足元にエレガンスをもたらし、着こなしを格上げしてくれるのだと思うのです。

文:山田 純貴 写真:猪又 直之

YOSHIHARU HASEGAWA(ヨシハル ハセガワ)

アイテム:フルブローグブーツ
モデル番号:YO'666 137
製法:グッドイヤーウェルテッド
アッパー:カーフ(仏アノネイ社製)
ソール:ダブルレザーソール(ヒドゥンチャネル仕立て、フィドルバック)
カラー:ブラウンのみ
製造国:日本
価格:84,000円(税込)

お問い合わせ:

skills of artisan(スキルズ オブ アルチザン)
TEL.03-5637-6828

※この情報は、2009年12月18日の情報です。