メンズシューズ

10.10.29 UPDATE

ハンドメイドによるメイド・インUSAの極上
マウンテンブーツは大人の足元にこそ相応しい

CRARY SHOES(クレイリー シューズ)

高い技術をもつ職人が手仕事で作る靴にはオーラがあるものですが、クレイリーの製品も例外ではありません。しかもマウンテンブーツという極めて実用的な靴でありながら気品さえ感じられるなど、他の山系フットウェアとは一線を画す存在感なのです。
ところでこの靴を見て、ダナーに似ていると思われた方も多いはずです。実は、このブランドの主宰者ビル・クレイリー氏はダナー家の親族のひとりで、ダナー社で靴づくりを学んだ人物。1957年にダナー社を引き継いで数々の名品を生み出し、史上初めて靴にゴアテックスを取り入れたことでも知られるビル・ダナー氏を父にもち、その父の会社で13歳から靴づくりを始めて、そこでプロダクトマネージャーまで勤め上げました。そして1978年、オレゴン州ポートランドのダナー社から程近い場所に自らの工房を開設。以後、マウンテンブーツとオーソペディックシューズを中心に、多くのカスタムシューズを生産してきました。ちなみに、現在の同工房の規模は同氏を含めたわずか4名で、月産も60足程度といいますから、個々の製品はどれもレアな存在であるわけです。
ところで、ご紹介のブーツはクレイリー氏がダナー時代に開発した「マウンテントレイルブーツ」を、当時とほぼ同じ製靴法で製作したものです。具体的には、裁断は革のコンディションを見極めつつ行う手断ちを堅持。製甲ではシングルステッチを折り返して二度縫いすることで耐久性を高め、かつダブルステッチのように見せています。また、吊り込みは機械を用いず、ハンドラスティングで確実に成型。ステッチダウン製法はキャリア50年のクレイリー氏自らが手掛けるなど、各所に大変高い技術力が見てとれます。
いっぽう、使われている素材は当時のものよりレベルアップされていて、なかでもアッパーにはヨーロッパの名だたるブランドに製品供給しているノルウェーの名門タンナーアーネス社の「クリンプレザー」を採用。これは繊維が稠密でコシが強く、しかしタッチ感は大変ソフトで、美しいシボのある表情が大変端正なラグジュアリーレザーなのです。さらにシューレースには、登山用ロープなどで有名な米ステアリングロープ社の製品を導入。これも秀逸で、結びやすく、ほどきやすく、それでいて不用意にはほどけにくいうえ、見た目に品が感じられるのです。ちなみに、このブーツ。ダナー名作 6490Hunters のオールハンドメイドの高い技術を継承した一作。
このように、素材においても製靴においてまさに逸品と呼ぶに値するクレイリーの、このブーツ。街履きマウンテンブーツというと若者向けのスタイルにも思えますが、上質でエレガントな本品は、むしろ品格を心得る大人の足元にこそ相応しいのです。

文:山田 純貴 写真:猪又 直之

CRARY SHOES(クレイリー シューズ)

アイテム:マウンテンブーツ
モデル名:MOUNTAIN TRAIL BOOTS(マウンテン トレイルブーツ)
製法:ステッチダウン
素材:アッパー/ノルウェーAARENES(アーネス)社製クリンプレザー、ライナー/ブラジル製ベジタブルタンニンレザー、インソール/英CLAYTON(クレイトン)社製コンビネーションレザー「TANFLEX(タンフレックス)」、アウトソール/伊VIBRAM(ビブラム)社製コマンドソール「No.100」、シューレース/米STERLING ROPE(ステアリングロープ)社製ナイロンレース
ウィズ:D
製造国:アメリカ
価格:12万6000円 ※在庫切れの際は受注生産
製作期間:90日前後 ※各特約店にて注文受付

お問い合わせ:

I.H.F. TEL.03-3663-0067
http://www.craryshoes.jp/

※この情報は、2010年10月29日(金)の情報です。