CLOSE UP SHOES

ウォークオーバー

アルベルト ファッシャーニは1950年、製靴業の盛んなイタリア中部マルケ州にて同名のオーナーが立ち上げたファクトリーブランドです。創業以来一貫して高級ライディングブーツを製造してきた名門で、レディスのそれはこのブランドの“顔的”存在ですが、最近はピッティ ウォモでも注目されており、メンズブランドとしての認知度も急速に高めています。さまざまなメゾンで活躍してきたミケッティ・ダニエレ氏をデザイナーに迎えた昨シーズン以降は、ウォッシュ加工とハンドアンティークフィニッシュが施された、なんとも個性的なブーツが話題になっています。
そのひとつが、もっか伊勢丹新宿店メンズ館で取り扱われ、靴好きや洒落者たちの間で好評を博している写真のタウンブーツ。ライディングブーツ由来となるバックストラップやブランドエンブレム入りのスナップボタンのリアリティもさることながら、目を引くのはホースフロントのアッパーに施されたアンティーク仕上げです。ことに特殊なワックスなどを使ったトウやヒールカウンターのグラデーションと光沢は秀逸で、クラス感があります。聞けば、仕立て終わった靴を薄い色の染料とともに回転ドラムに入れて下地染色を施した後、木型に入れ直して乾燥。そこに職人がマッサージするがごとくソフトタッチで色を加えることで、この深みある濃淡と美しい輝きが得られるのだそうです。
しかしとりわけ印象的であるのは、アッパーのみならずウエルトやソール、ヒールリフトにまで大胆に入った無数のアタリでした。これは下地染色のドラミングなどによって施されたヴィンテージ加工の一種です。筆者は10年ほど前にブームとなった製品洗いの靴や鞄を思い出しましたが、アルベルト ファッシャーニのような高級ブランドがこの手の加工を積極的に取り入れたという点では画期的であると思うのです。
今季は例年以上にブーツが注目されているわけですが、足元を品よく見せるカジュアルブーツとなると、これは決して多くはありません。アルベルト ファッシャーニのブーツは粋を心得る大人に相応しい貴重な1足なのです。

ALBERTO FASCIANI(アルベルト ファッシャーニ)

アイテム:バックボタン付きレースアップ・ライディングブーツ
モデル名:ELIAS(エリアス)
モデル番号:17024
製法:グッドイヤーウェルテッド
アッパー:米ホーウィン社製ホースフロントハイド(ハンドフィニッシュ)
ライナー:カーフ
ソール:シングルレザーソール(ファッジ仕様オープントラック仕立て)
カラー:アンティークブラウンのみ
付属品:交換用シューレース
製造国:イタリア
価格:168,000円 ※伊勢丹新宿店メンズ館B1にて展開中
※写真手前がコードバンのモデル。奥のソールが見えたモデルはカーフ99,750円。

お問い合わせ:ジー・エム・ティー TEL.03-5453-0033
http://www.gmt-tokyo.com
http://www.albertofasciani.it

 
 

文:山田 純貴 写真:猪又 直之