WATCH

09.07.13 UPDATE

ラテンの芳醇な香り漂う
週表記機構付きのカレンダーウォッチ

CUERVO Y SOBRINOS(クエルボ・イ・ソブリノス)

砂糖貿易で栄耀栄華を極めた19世紀後半のハバナ。当時ラテンアメリカで最も豊かだったこの都市の中でも一流店のみが櫛比するキンタ通りに、クエルボ・イ・ソブリノスの前身となる高級時計宝飾店、ラ・カーサが誕生したのは、1882年のことでした。スイスのラ・ショー・ド・フォンで製造され、ラテンテイストの蠱惑的なシルエットを備えるショップオリジナル時計は大人気を博し、その後、1940年代には、ノーベル賞作家のアーネスト・ヘミングウェイや、イギリスのウインストン・チャーチル首相、相対性理論で知られる物理学者アルベルト・アインシュタイン、ハリウッド俳優のクラーク・ゲーブルなど、錚々たる各界著名人が顧客名簿に名を連ねるほどの絶頂期を迎えます。ところが、1959年のキューバ革命に伴う共産主義政権樹立によって、やがて営業を断念。永い眠りから覚めて、私たち時計愛好家の前に再びその勇姿を見せるまでに、20世紀末を待たなくてはなりませんでした。
本格的な復活を遂げたクエルボ・イ・ソブリノスは、現在、スイスのルガーノを本拠として、往時のスケッチやデザインをベースに、営々と受け継がれてきた職人気質を駆使して、ハバナ・テイストのシルエットとスイスメイドのメカニズムを融合した独創的なコレクションを精力的に発表。そのブランクがまるで不可欠な熟成期間だったかのように、卓越した存在感を強烈にアピールしています。
写真の「トルピード ヒストリアドール セマナル」は、径45ミリのビッグケースに幾何学的な文字盤の意匠が鮮烈な印象を与える一作。月、日、曜日のトリプルカレンダーに加えて、1年を52〜53週で表す週表記を備える画期的なモデルです。イエローカラーのハンドで週表記と月を、鉾のようなレッドカラーのハンドで日付と曜日を指し示めしています。スペイン語の月と曜日表示や、アールデコ調のインデックス、ユニークなスケルトン針など、魅惑的なディテールの随所からは、艶やかなラテンの香りが漂っています。
このモデルの原型は、同社が最も輝きを放ち、かつまた機械式時計が隆盛を極めた1940年代に発表されたもの。優れたエボーシュとして知られるフォンテンメロウ社が1944年に特許取得した複雑機構を、今回、2年もの歳月をかけてリメイク&リファイン。シースルーバックからは精巧なムーブメントを存分に堪能することが可能です。
他に見られない稀な機構、類を見ない官能的なデザインを楽しみたい大人の男性にとって、最適なマスターピースではありませんか?

文:小林 和夫

CUERVO Y SOBRINOS(クエルボ・イ・ソブリノス)

モデル名:トルピード ヒストリアドール セマナル
ムーブメント:自動巻き(ETA2892-A2ベース)
機能:時・分表示、53週表示、月表示、日付表示、曜日表示
防水性能:日常生活防水
ケース素材:ステンレススティール
ケースサイズ:径45o 厚さ13.55o
ストラップ:クロコダイル
価格:68万2500円(予価)

お問い合わせ:
ムラキ クエルボ・イ・ソブリノス
TEL.03-3273-0321

※この情報は、2009年7月13日の情報です。