ジャンルのクロスオーバーによるミックススタイルを提案するオイスター

 オイスターではミックススタイルを提案しています。「上品」×「ラフ」。
 この相反する要素をミックスすることにより現在進行形の着ていて楽しくなるようなカジュアルスタイルが表現できると思います。
  例えばブラウアーのブラウンレザーブルゾン。ヴィンテージ加工され、ラフなイメージが見て取れます。この場合、他のアイテムはできるだけ上品に統一すると、トップスの土臭さが軽減され大人のカジュアルに変身します。このトップスにボロボロのヴィンテージ加工ジーンズとスニーカーではラフになりすぎてしまいます。
  逆に上品なヴァルスターのスウェードブルゾン。この場合はボトムス等をややラフなアイテムにするとバランスが良くなります。メーソンズの細身カーゴパンツなどは好相性です。このトップスにキレイなウールパンツをはいてしまうとちょっと堅いイメージになってしまいそうです。
  オイスターでは色々なジャンルのクロスオーバーにより、時代性のあるカジュアルスタイルが生まれると考えています。
  また、ドレススタイルのテーマはモダンとクラシックの融合です。グレンチェックやハウンドトゥースなどの伝統的な柄をシャープな型の厳選したスーツやジャケットに落とし込んでいます。

オイスター

 長年にわたり、青山でリアルクローズを提案し続けてきたオイスター。決して広いとは言えない店内だが、カスタマー一人一人のニーズに合わせたアイテムを厳選してセレクトしています。
  例えばスポーツジムに行く時の服。スポーツ専門ブランドのジャージも悪くはないですが、ある程度歳を重ねた方にはちょっとラフすぎる。そんな時にはオイスターで取り扱っているハイクラスカジュアルブランドをチョイスしていただきたい。ビアンキ、グリジオスポート、ハイドロゲン、ヴィンテージ55(来春夏より)など見た目、機能性共に優れているブランドです。
  他にもビジネス、パーティー、旅行、ゴルフなどシーンによってカスタマーと一緒に洋服を選んでいく。常に人で賑わっている大型ショップとは全く違った気分で買い物できると思います。チョイスしているブランドはどれも歴史があり、背景があり、上質であり、なにかカッコいい。そして、流行を追いすぎるのではなく常に半歩から一歩先の提案をしていく。カスタマーが「その服いいね!」と言われるのがショップとしての喜びであり、目標であると考えています。

OYSTER(オイスター)
〒107-0062 東京都港区南青山3-2-18 TEL.03-3478-1918
営業時間/11:00〜20:00 無休(年末年始、お盆を除く)
http://www.oyster-aoyama.com/
オイスターの詳しい情報はコチラ

写真:新城 孝