生活様式美 - 第6回 キリムハウス

Back Number

綺麗な文様のキリムや
トルコ絨毯が揃うトルコ直営店

キリムは遊牧民の生活から生まれた実用的な織物です。家畜とともに移動する彼らの生活様式に合わせて折りたたんで持ち運べることはもちろん、敷物や収納袋などにも使われてきました。その歴史においても絨毯より古いと言われています。
そんなキリムやトルコ絨毯を販売しているのが「キリムハウス」です。表参道駅から徒歩7分、渋谷駅からも徒歩8分という立地の良さから散歩コースにおすすめです。
「キリムハウス」はトルコのイスタンブールの旧市街にある1970年創業の「アララットカーペット」の2号店。ちなみに店名のアララットは、創業者であるエイユップ・カラールさんの出身地がトルコ東部のアララットだからとのこと。当初、インスタンブールの本店は欧米人のお客さんが多かったのですが、10年ほど前から日本人の旅行者も急増し、日本語のサイトを作るなど対応してきました。そんな日本のお客さんのために、2003年10月に青山に出店したというわけです。このお店は息子のハーカンさんが来日してオーナーを務めています。
そんな理由から生産地はもとより作られた年代などもほぼわかります。それにイスタンブールの本店から仕入れているため価格も適正価格です。購入者にとっては嬉しいですね。
さて、「キリムハウス」で取り扱っているキリムは大別すると、40年〜100年前に作られたオールドキリム、100年以上前のアンティークキリム。このあたりは年々希少性が高まっています。一方、現在生産されているのがニューキリムです。同店では昔ながらの手紡ぎ糸を使用したオリジナルの草木染めのキリムを取り扱っています。その他、チュワルと呼ばれる穀物などを入れておく袋状のキリムも人気です。
日本でもよく耳にするのがトルコ絨毯。こちらはシルクの手織り絨毯の他にウール絨毯(カイセリ産、ヘレケ産)、オールド絨毯などが揃っています。キリムも絨毯も、新旧問わず上質で状態の良いものを厳選していること。それに加えて品揃えが多いところも魅力で、キリムは常時500枚以上が揃っています。しかもアフターケアがしっかりしており、腕の良い修理の専門家を抱えています。タバコの焦げやホツレなどにも対応してくれるので、買った後も安心というわけです。
「敷物はちょっと」という方におすすめしたいのが上質のオールドキリムから作ったキリムクッションです。キリムをよりたくさんの人に身近に親しんで欲しいというオーナーの想いから価格も4500円とお手頃。ソファの上に飾れるという実用的なアイテムです。ユニークなものでは同じくオールドキリムを座面に張ったオットマンがあります。こちらは木製の脚が付いていて、椅子としても使えます。親日家で知られるトルコ人がオーナーということもあって、散歩の途中で一度覗いてみる価値のあるお店です。

キリムハウス 青山店

東京都渋谷区渋谷 2-2-13 1F
TEL 03-5467-2622
営業時間 11:00〜20:00
年中無休
http://www.kilimhouse.com/

文:倉野 路凡 写真:猪又 直之 2010.8.5 UPDATE