Back Number

暮らしのお店探訪- 第10回 ロゴバ

モダンキリムと北欧デザインの温かな調和

全面ガラス張りの2フロア構成のロゴバは、広々とした店内。天井が高く、外の陽射しがたっぷりと入る空間に贅沢に配された北欧の巨匠たちの名作椅子が、壁や床を色鮮やかに彩るキリムとタペストリーと素敵に共鳴し合っています。
入り口を入ってすぐ瞳に飛び込んでくる、優雅な簾のように飾られた“SUKASI KILIM”をはじめ、中2階から見下ろすショップそのものの空間ディスプレイ、横に長く敷かれたキリムも圧巻。草原をイメージして制作されたという珍しい緑のキリムに、テーブルマットとして使う小さなキリムなど、ロゴバでは、他で見ることのない様々なスタイルのキリムに出会えます。

2008年3月に平河町にオープンしたロゴバは、中近東の遊牧民が生み出した手織りの布“キリム”をメインアイテムに、1940〜60年代のデンマーク家具の黄金時代にフィン・ユールやハンス・J・ウェグナー、アルネ ヤコブセンなど、家具デザインの巨匠が作り出した名品と、空間を豊かに演出するハイセンスな照明やフレームなど、インテリアを構成するこだわりのアイテムをコラボレートさせ、空間のお洒落な演出とともに提案。

取り扱いのキリムの中で特に注目するのはオリジナルの「ロゴバキリム」。トルコの最も優れた現在の織手が、伝統的技法と文化を継承しながら、時間をかけて丁寧に紡ぎ染めた良質なウールをセンス良く織り上げた表情豊かなキリムです。キリムは本来、伝統柄をもとに色使いにおいては即興で作るため、なかなか依頼に応じてくれることは少ないところ。「ロゴバキリム」は、ロゴバのオーナーがトルコに何度も出向き、織手との信頼関係を築くことで実現されたという、いわばアート作品。草木染のやさしい色合いの、日本の家具とも合う、モダンなデザインのキリムです。インテリア素材として現代空間の中で使われ、年月を経るほどに、21世紀前半に織られた価値あるオールドキリムとして、またアンティークキリムとして成長する一枚です。

キリムの優しい色使いと北欧デザインとの美しい調和。どうぞ一度ロゴバの扉を開け、スタイリッシュなキリムとその新しい空間演出に直に触れてみて下さい。エムズシステムのスピーカーから流れる心地よい音楽が迎えてくれます。

ロゴバ
〒102-0093
東京都千代田区平河町1-3-14 安井平河町ビル1F
TEL.03-3221-8811 FAX.03-3221-8812
営業時間:10:00〜19:00
定休日:火曜日
取扱い:ロゴバキリム、オールドキリム、北欧家具、フレーム、照明、波動スピーカーなど
http://www.rogoba.co.jp

写真:猪又 直之 2011.04.14 UPDATE

 

ロゴバは、世界で初めて“SUKASI KILIM”を開発しました。天井の高い空間をより広く演出し、キリムを介して光と空間を認識できます。空間を連続させながらも分節するキリムです。

ロゴバでは、トルコの優秀な織手とコンタクトをとりながら織りあげる、世界で唯一のキリムのオーダーメイドを受け付けています。デザインは伝統的なものから新しいオリジナルのものまで、色もご希望に合わせ作製します。