米・西・仏・伊・英、各シューメーカーが提案するクラシックシューズ・セレクション

イタリア独特の素材使いや色使い軽やかでオブジェのように美しい靴。

ボロネーゼ製法を得意とするア・テストーニに代表されるように、足入れ感の快適な靴が多いのがイタリア靴の伝統的な魅力でしょう。またデザイン面を見ると、サントーニのように高いデザインセンスと独特のアッパーの仕上げを得意とするブランドや、トッズのように旬のアメリカデザインを加味するトレンドセッターのようなブランドまでさまざまです。今シーズンに関していえば、トレンドである“ブリテッシュ”や“アメリカン”らしさを、フルブローグやモンクストラップ、さらには分厚いソールに、巧みに反映させています。とはいえ、あくまで“ほんの少し香る程度”というあたりが、さすがイタリアのトップブランドのセンスです。

ア・テストーニ/M12263ASG

ダークブラウンスエードにパインツリーカラーをアクセントにしたウィングキャップブローグシューズ。アイレットの周りの切り替えが後方に延びた個性的なデザインです。レザーソールの間にマイクロソールを挟み込んだトリプルソール。ボロネーゼ製法で履き心地も抜群です。 13万1250円。

ア・テストーニ/M45483UDG

スモーキーベージュのスエードを用いた、ラウンドトウのダブルモンクストラップシューズ。ストラップを留めるブラックカラーのメタリックなバックルが、カジュアルさの中にも洗練された雰囲気を巧みに表現しています。8万7150円。

ア・テストーニに関するお問合せ:ア・テストーニ 銀座本店 TEL.03-3575-8025

サルバトーレ フェラガモ/0486055

究極のラインTramezza(トラメッザ)のスペシャル・エディションは、1足製作するのに約3週間を要す、全てマスター職人の手作業にて作られている究極の一品。一文字を2本並べたダブルストレートチップ、両サイドを流れるブローギング、アッパーに使用されたアンティーク風の深みのある仕上げなど、高級感が漂う一足です。 23万6250円。

サルバトーレ フェラガモ/0522584

クリエイティブ・ディレクター、マッシミリアーノ・ジョルネッティ氏デザインの秋冬最新モデルがこちら。スクエアトゥにほどよくクラシックなフォルムのラストが男っぽさを演出。レザーのダブルソール、鮮やかに映えるかかととソールのメタルパーツが印象的です。 19万5300円。

サルバトーレ フェラガモに関するお問合せ:フェラガモ・ジャパン TEL.0120-202-170

サントーニ/95952

なんといっても、ポインテッドトウを思わせるロングノーズのスクエアトウが特徴の定番モデル。先端部分とヒールカップ脇をスキンステッチで立体的に盛り上げた一文字がアクセントに。外羽根部分の大きなカーブもサントーニならではのデザインセンスです。 10万3950円。

サントーニ/80804

ストラップが後方へ流れるエレガントなダブルモンクで、美しいロングノーズのトウシェイプが魅力です。アッパーはアンティーク風のムラ感のあるハンドペイントで、ソールのコバも極限まで削っています。とても歩きやすい薄いソールも特徴のひとつです。 10万1850円。

サントーニに関するお問合せ:サントーニ東京 TEL.03-3574-0923

トッズ/フォンドクオイオ PC

エナメルを思わせる大変光沢のあるストレートチップです。トウシェイプはまるでアメリカ靴のように丸みを強調したラウンドトウで、アイレットも珍しい4穴仕様。一見するとシンプルなデザインですが、トッズらしいカジュアル感を漂わせています。 6万7200円。

トッズ/フォンドゴンマPZ

モカシン縫いのUチップにエレガントなタッセルを付けた、タッセルスリッポンモデルです。もともとはアメリカの靴ブランドで多く見られるモデルで、最近注目されているデザインです。オンでもオフでも履けるフレキシブルなモデルで、まさに旬の一足といえます。 6万9300円。

トッズに関するお問合せ:トッズ・ジャパン TEL.0120-102-578

米・西・仏・伊・英、各シューメーカーが提案するクラシックシューズ・セレクション